<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

CNBLUE/in my head



いまさら、韓流にはまってしまいました (T-T)

でもカッコいいんだもん。
演奏もなかなかなんだもん。
[PR]

by liddell423 | 2012-09-24 22:38 | music

学生時代にやらなくてもいい20のこと/朝井リョウ

朝井リョウくんのエッセイ集。
学生時代の失敗談がいろいろと。

若い。。。

文章も文体も言葉もイマドキだ。

でも、すっごく楽しかった!
[PR]

by liddell423 | 2012-09-24 21:58 | books

少女は卒業しない/朝井リョウ

f0089775_21473184.jpg「桐島部活やめるってよ」の朝井リョウくんの作品です。
またまた挑戦的なタイトルです。

卒業式の日の少女たちの一日。
片思いの先生に告白したり、退学してしまった幼なじみと卒業式をすっぽかしたり、離れてしまう彼氏にちゃんと終わりを告げたり。。。

こうやって書いてしまうと使い古されているようだけど、若い感性で書くと情景も瑞々しいような気がする。
お洒落なカンジ?
出てくる音楽とかもイマドキだし。


本の中で使われている写真を撮影している高校は、広報誌を作ったことがある高校でした。(会社がね)
高校が特定できるような写真はないけど、知ってる高校の名前が載ってることがうれしかった。

朝井リョウ×橋本 愛対談
[PR]

by liddell423 | 2012-09-24 08:41 | books

3652/伊坂幸太郎

新潮社から出版された、伊坂幸太郎10年分のエッセイ集。
なのでサブタイトルは「a decade」

好きな作家さんと同じ映画が好きだったり、同じバンドを聴いていたりするとうれしい。

例えば、黒沢清監督が好きで、「アカルイミライ」が傑作だと思っていたり。
だから、あのクールな空き巣で探偵の名前が「黒澤」だったり。
「アカルイミライ」のエンディングで、高校生グループがゲバラTシャツを着ているいてることを書いていたり。(その高校生の先頭は松ケンです。)
「狂っちゃいないぜ」(ジョン・キューザック、ビリー・ボブ・ソーントン、アンジェリーナ・ジョリー出演の空港管制官の映画。この映画での共演がきっかけでビリーとアンジーは結婚。ずいぶん昔のことになりましたね。)とか「フィッシャーキング」(ある事件で恋人を失って心を病んでしまう男(ロビン・ウイリアムズ)とその事件のきっかけを作ってしまった男(ジェフ・ブリッジス)の友情の物語。伊坂さんに言わせると「贅沢な恋愛映画」テリー・ギリアム監督)とかが紹介されてたり。
「魔王」を書いていた時のBGMはサンボマスターだったり。(「魔王」には政治的な意図は何もないそうです。)

伊坂さんが読んでいる本に共通のものはないんですが、映画はやたらかぶっていて、紹介された映画の中に観たことがないのがないのがちょっと残念です。
[PR]

by liddell423 | 2012-09-23 23:12 | books

バイオハザードⅤ

f0089775_9019.jpg

監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、ケヴィン・デュランド

短い(>_<)
もっと観たかった!


オープニング、逆回しで見せるなんて挑戦的。
今回はファン感謝祭の様で、過去のサブキャラたちが敵に味方になって登場します。
始めに、ミラ・ジョヴォヴィッチの後に名前が出たミシェル・ロドリゲスはあっさり死んでしまうので
「え?!もう終わり??」
と悲しくなりましたが、ちゃんと二番目に名前が上がるだけの活躍はしてくれます。
でも、良い役で見たかったなー(:_;)

バンバン銃を撃ちまくって、容赦ないのはいけないことなのかもしれませんが、このドキドキと爽快感はたまりません。
非難はあえてうけます。

物語は前作の続き、船の上から始まります。
やっと助かった人々は当然「アンブレラ社」からの追撃を受けるわけで、応戦の途中アリスは海中に投げ出され意識を失います。
目が覚めると、アリスは平凡な家庭の主婦としての人生を送っていて、カルロスが夫だったり・・・。
どうやら「アンブレラ社」は、アリスだけでなくたくさんの人のクローンを作ってシミュレーションを繰り返していたようで、それで過去に登場し死んでいった人たちがたくさん出てくるんですね。
「あの人、また観たい!」
ってファンの要望に応えてくれてるのかな。
中島美嘉の登場シーンも再現されるし、今回もっとグロイコトになってるし。
スローモーションのアクションもカッコいい。
そして、女性が強い。


最初に出てきた長髪のイケメンが死ななきゃ良いなーと思ってましたが、レオンでした。
(うーん、ゲームのレオンとは違うカンジ。)
エイダも加わりジルも復活して、Ⅵは終に最終決戦でしょうか。
ミラ・ジョヴォヴィッチもⅥまでって言ってたし。

映画通の方には不満もあるんでしょうが、面白かった(≧〜≦))
もう一回、いや何度でも観たいです。

f0089775_9392151.jpg

f0089775_23342828.jpgジルが2で登場したとき、マジでCGかと思いました。
そのくらい美人でナイスバディだった。
ゲームと比較してもまんまでしょ。
[PR]

by liddell423 | 2012-09-21 23:13 | movies

神様のカルテ

f0089775_23251337.jpg

監督:深川栄洋
出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明

最近「2」を読みましたが、「1」を読んでからは時間が経っているので。
医療技術じゃなく人間ドラマってカンジは良く出てて、宮崎あおいちゃんは「ハル」の雰囲気だったし、「男爵」もイメージとは違うものの、何となく納得。
「文士」を送るシーンは「あんなとこあったかなぁ」でしたが、映像としては素敵でした。

女性患者とカステラのエピソードも原作とは違いますが、加賀まりこさん、最近弱った役が巧いです。
儚くて、でも凛としていて、カッコ良く年を取っているなぁと思います。

あと、吉瀬さんは許せますが、要潤と池脇さんはない。。。
柄本さんもスキだけど「古狸先生」ってカンジじゃないでしょ。
「狐先生」いないし。


ラストにあんなエピソードを持って来たから、続編はないですね。
[PR]

by liddell423 | 2012-09-04 23:46 | movies