<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

るろうに剣心

f0089775_176990.jpg

監督:大友啓史
出演:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、田中偉登、奥田瑛二、江口洋介、香川照之

監督は「ハゲタカ」「龍馬伝」を撮った人。
剣心役は佐藤健。
ほかにも蒼井優、綾野剛、吉川晃司。
これは観に行かないと!

マサトは原作ファンなので「健くんは好きやけど、絶対いや!」
だそうですが、漫画をちらっと読んだくらいでキャラクターは覚えてないし、アニメは剣心の声優さんがキライで観なかったから、ぜんぜん違和感なく観れました。
っていうか、これは映画で、「かいじゅうたちのいるところ」のように、原作をこえた大友作品です。
原作より良いってことじゃなくて、キャラクターを活かしつつ実写で作ってる。
二次元だったものに、声とか音とか動きとか色とか・・・いろんなものが与えられてる。

「SP」のアクションが最高だったと思ってたけど、これはそれを上回る。
速い!
きれい!
カッコいい!
これは健くんの身体能力によるものだろうけど、オープニングのシーンから
「やばっ!カッコいい・・。」
と言いそうになったのを、人が多くて恥ずかしくて我慢しました。
でも、カッコいいアクションはオープニングだけじゃなく、何度も出てきます。
まさにアクション映画です。
それも上質です。
道場で雑魚をあっけなく叩きのめすシーンも無駄がなくてカッコいい。

サブキャラは。

刃衛=カラコンなんか入れちゃって、と思いましたが、オーラが半端ないです。怖いです。デカイです。そして、哀しそうなのがたまりません。
佐之助=でかくてさばさばしてるとこ、雰囲気あります。似てなくもない。残念なのは、須藤元気くんの方が強いよねってカンジだったとこ。やってる人とではパンチの切れが違う・・・。
斉藤一=元新撰組。ワタシのイメージは(斉藤一のね)もっと飄々としてるカンジだったけど、カッコいい人だったんだ。江口洋介、カッコいいです。
観柳=キモコワです。振り切れてます。蒼井優ちゃんによると、香川照之さんは周りの見え方にも気を配る方だそう。原作は痩せてる人なんですね。
外印=原作はきもいおじいちゃん。映画は綾野くんなので、たとえ顔半分がやけどでただれてても美しいです。そしてこの人も動きがきれい。見せ方が上手い。時代が急に変わっても人殺しはそれ以外にはなれない!って、哀しいカンジ出てます。
高荷恵=優ちゃん大好きなワタシでも、原作とは違うと思います。あくまで主人公は薫なので、控えめに存在してます。
薫=武井咲ちゃんキライなんですが、良かったです。似てないけど。可愛かった。そして声を振り絞るとこで泣いちゃいました。

邦画は劇場で観なくても良いやって思ってた人ですが、最近のは映像的に大きなスクリーンで観たいのが増えました。
そしてこの作品も、映像も音もアクションシーンも、絶対劇場で観た方が良いです。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-26 17:43 | movies

僕は、そして僕たちはどう生きるか/梨木香歩

梨木さんにはめずらしい中2の少年が主人公。
でも、コペルニクスをもじって「コペル」と呼ばれてるし、母は大学教授だし、父は母の赴任先に息子を置いて付いて行っちゃうし、おじさんは染色家だし、親友は引きこもってるし・・・。

タイトルからしても最初はエッセイみたいなものかなぁと思った。
普通に小説だったけど、でも思想的。

開発による環境破壊や、素人を使ったレイプまがいのAVや、戦争や徴兵。
「普通」という言葉の恐ろしさ。
人と上手くやっていけなくて逃げ出しても、人は一人では生きていけないんだということ。
意味もわからず遠ざけられたことにたいする悲しみ、でも、その理由を心の深いところでは気づいていたり。

そんなふうにいろいろ考える会話が、森のように植物に囲まれた昔ながらの一軒家で交わされる。
頭の中に浮かぶしっとりとした濃い緑の情景が、痛みを持つ会話を和らげてくれるような気がする。


最後の方で出て来た、一時期政治家が
「今の若者はなってないから、徴兵制度を復活して軍隊のような訓練をした方が良い」って話に、主人公の少年のお母さんは、
「制度が回避できないなら、「良心的兵役拒否」が出来るような条項を入れてもらう」
ってことを言っていたらしい。
この話って、「自己責任」とかが言われてたK総理のときで、例会でもこのこと話題になったなぁって思い出した。
「うちは娘だから」
って友だちに
「本当に徴兵制度がとられたら、今の時代は女性にもあるよ」
って言ったのを覚えてる。
この時もこの「良心的兵役拒否」って言葉を知らなかったから、今度、これに関する本を読んでみよう。
梨木さんが参考にした本は、図書館にはなかったけど。
本当に。
「こんなことは嫌だ。間違っている」
と思っていても、大きな力でいつの間にか押し進められていることって本当に多いと思う。

タイトルの「僕は、そして僕たちはどう生きるか」は、精神的に弱くて兵役を免れ、終戦まで一人洞窟で隠者のように暮らした人が
「そのとき何を考えていましたか」
って質問に答えた言葉だけど。
常に考えていなきゃいけないと思う。
自分に何が出来るのか、どう生きるのか。
実行は、また別のことだけれど。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-26 15:43 | books

ジュリエットからの手紙

f0089775_17573370.jpg

監督:ゲーリー・ウィニック
出演:アマンダ・セイフライド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ

この手の恋愛映画は興味ないけど、アマンダ・セイフライドなので。

シェークスピアはイギリス人だけど、ロミオとジュリエットの舞台イタリアには、ちゃんとジュリエットの家があって、ジュリエットに宛てた手紙には、ちゃんと返事が返ってくる。
その役目を担っているのは「ジュリエットの秘書」を名のる女性たち。
前に佐藤健くんの番組で知ってたけど、この映画で取り上げられてたのかぁ。

ソフィは記者を目指すニューヨーカー。
婚約者が近々レストランをオープンするので、その準備も兼ねてふたりでイタリアへ出かける。
ところが、婚約者は店のことで頭がいっぱい。
ソフィはふとしたことで知り合った「ジュリエットの秘書」たちを手伝うことにする。
ソフィが見つけた壁の隙間の50年前の手紙。
返事を書くと本人がイギリスからやって来た。
50年前の恋人にもう一度逢う。
彼女と孫の旅にソフィも同行する。

ガエル・ガルシア・ベルナルには気の毒だけど、ソフィの新しい恋を応援してしまった。

50年後に再会して、そのときお互いひとりだったら、それは運命なのかもね。

意外に素敵な恋愛映画だった。
ベタだけど、それでもハッピーエンドが好き。

再会する恋人たちを演じるのは、バネッサ・レットグレイブとフランコ・ネロ(どうりで、カッコいいと思ったよ)。
このオスカー女優とマカロニウエスタン俳優は、実生活でもその昔出会い、子どもが生まれ、2006年に正式に結婚したんだって。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-22 18:31 | movies

神様のカルテ 2 /夏川草介

もう三巻も出てるんですね。
映画はまだ観てないけど、とりあえず二巻を読みました。

365日24時間営業の一止の病院に新しい血液内科の医師が赴任する。
進藤辰也は一止の大学の同期だが、「定時に帰ってしまう」「電話が繋がらない」など、看護士から不満が出るようになる。
そして、ゆっくり休むことも出来ない日々は続き、ある日古狐先生こと副部長先生が倒れる。

医者は総てを捨てて患者のために尽くさなければならないのか。
そんな疑問と身近な死の物語。
人が死ぬってことは大切な人と別れること。
治療不可能になっても医者に出来ることはあるのではないか。
変人の一止がまた頑張る。

この本はいつも医療ドラマってより人間ドラマだ。
職業が医者ってだけ。
舞台が病院ってだけ。

後半、泣きながら読んだけど、心が温かくなる。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-22 17:54 | books

紳士は金髪がお好き

f0089775_23513896.jpg

f0089775_18432210.jpg


マドンナのPV「マテリアルガール」の元をやっと観た。

ローレライ(マリリン・モンロー)とドロシー(ジェーン・ラッセル)は幼なじみで親友。
ニューヨークでダンサーをしていたふたりは、ローレライがお金持ちとパリで結婚することになり、船でパリへと向かう。
急に同行できなくなった婚約者。
ローレライは船の中でお金持ちを探し、ドロシーはひとりの男と知り合うが、ドロシーが知り合ったのは、婚約者の父親が雇った探偵だった。

ミュージカル仕立てのコメディで、歌い踊るふたりはセクシー。
つぎつぎに変わるドレスも素敵v

「バーレスク」の中で歌われた「ダイヤモンド」(ってタイトルなのか?)も出て来た。
「女は年を取ると価値が無くなるけど、ダイヤモンドは永遠」って、美人が歌うのが良いよなぁ。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-20 00:05 | movies

f植物園の巣穴/梨木香歩

f0089775_0273679.jpg前に買っていたけどなかなか読めずにいた。
わかりにくくて、一気に読みたかったし。

主人公はf街の植物園に転勤になる。
夜中に歯が痛み、明日は歯医者に行こうと思う。
その歯医者の奥さんが犬だったり、下宿先の大家の頭が雌鳥になったり、植物園に神主がお祓いに来たり・・・。
不思議なことがどんどん起こって、まるで夢の中の様で、くらくらする。
読んでいる間、夢を見ているような状態。

話はどんどん混沌としてきて、夢の中でさらに夢見ているような感覚に。
巣穴の奥、まるで異界を旅するように、「千代」という存在を探し求める。
「千代」はねえやの名前なのか、死んだ妻の名前なのか。
そして、忘れようとしていた悲しみをはっきりと思い出していく。


読み終わって、
「やっぱり夢だったか、良かった」
って思う。


植物園の話だから植物が出てくるのは当たり前なんだけど、「シュウカイドウ」とか「竜の髭」とか、他の物語で知った植物の名前が出てくると嬉しくなる。
たくさん出てくる名前のすべてを思い出すことが出来なくてじれったいけど。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-19 00:42 | books

ダークナイト ライジング

f0089775_8574968.jpg

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティアール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット

ハービー・デントの死から8年。
ゴッサムシティは「デント法」により悪人は逮捕され、平和な街へと変わっていた。
役目を終え「悪」の汚名を着たバットマンは現れず、ブルース・ウェインも心身ともに傷つき屋敷の中にこもっていた。
執事であるアルフレッドはそんな主人を心配しつつもバットマンにならないことに安堵していたが、セリーナ・カイル(キャット・ウーマン)との出会い、新たな敵ベインの登場でブルースは再びバットスーツを付け敵と戦うことを決意する。

後からいろいろ考えると、奈落の設定とか核兵器の取り扱いとか「?」の所もあるし、人数で押して行くだけの銃撃戦とかどうよと思うけど、見終わった後は圧倒されてちょっと放心状態だった。
凄かった。

バットポッドは前回見た時は、タイヤがやたら大きくて不細工と思ってたけど、今回はタイヤが回転して体勢を整えるとことか、キャット・ウーマンが乗ってるとコトかカッコ良かった。
f0089775_10272894.jpg

そして、バットマンのシリーズでは、めずらしくゲーリー・オールドマンが良い人なのが嬉しい。
「今回はベッドに寝られてゆっくり出来た。」
ってコメントしてたから怪我するのかなぁと思ってたけど、死ななくて良かった。
老体にむち打って頑張ってた。
f0089775_10304759.jpg

反対に良い人顔なのに「GIジョー」で悪役になってしまったジョセフ・ゴードン・レヴィットは、ここでは熱血警官に。
「ロビン」って名前も出てくるけど、続編ありなの?
ロビンだけでは物語にならないから、ないか。
f0089775_1034770.jpg


ストーリーや悪役キャラには迫力を感じなかったけど、音と映像と音楽は
「伝説が壮絶に終わる」
ってキャッチコピー通りだなと思った。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-18 10:39 | movies

裏庭/梨木香歩

f0089775_126361.jpg久しぶりに読み返してみた。
物語が二層になっているってことしか覚えてなかったし・・・。

照美の両親はレストランを営んでいて忙しく、彼女はいつも夜遅くまで一人の時間を過ごしていた。
時々遊びに行っていた友だちの家で、その子の祖父と仲良くなりいろいろな話を聞かせてもらうようになる。
照美も小さい頃はこっそり忍び込んで遊んでいた、バーンズ家の裏庭の話。
照美の知恵おくれの双子の弟は、そこで亡くなっていた。

学校を休んでバーンズ家に忍び込んだ照美は、大鏡の前で問いかけられる。
「フー アー ユー」
「テルミー」
「アイル テル ユー」
照美の名前こそが「裏庭」への合い言葉だった。

照美は裏庭で「テルミー」となり、スナフ、テナシと旅をする。
みっつの街に散らばったひとつ目の竜の化石を、またひとつに戻す旅。
街ごとに化石を守る三人の魔女に、照美は傷について教えられる。
忘れていた記憶が鮮明になり、物語は照美の母、祖母へと繋がる。
照美の旅の終わりは、バーンズ家の復活であり、照美の家族の再生でもあり、照美と母、母と祖母の関係をも新しくした。

高い塀に囲まれた今では住む人もない洋館。
そこにこっそり潜り込んで遊ぶ子どもたち。
三代の子どもたちのそれぞれのその庭との関わり。
鏡の中の「裏庭(バックヤード)」での冒険。
ばらばらの登場人物が実はそれぞれに繋がっていて、見る角度を変えることでその人を新しく発見できる。

この時期の梨木さんは母親と上手くいかない娘の話が多かったなぁ。
女の業みたいなの。
新しい「雪と珊瑚」は子どもを愛せない母の話で、時代なのかなぁと思った。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-18 01:56 | books

雪と珊瑚/梨木香歩

f0089775_9491270.jpg21歳の珊瑚は赤ん坊の雪をベビーカーに乗せ、途方にくれていた。
お金はない。
働かなければ生きていけないが、子連れでは仕事もできない。
偶然入った露地で一枚の張り紙を見つける。
「赤ちゃんお預かりします」
一人暮らしの老婦人くららと出会い、雪を預けて働き始める。
出会いは繋がり、世界は新しくなる。
自分を捨てた母へのイメージも変わる。

美味しそうなご飯の話って、なんでこんなに幸せな気分になれるんだろう。
途中、何度もうるってきたけど、ずっと温かい気分が続いていた。

やさしい、おいしいご飯が食べたい。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-15 07:50 | books