<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

孤高のメス

f0089775_2320277.jpg

監督:成島出
出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、生瀬勝久

始まってすぐ、成宮寛貴が登場するので「彼は何?」と思ってしまった。
どうやら看護士であるお母さんが亡くなって帰郷したらしい。
お母さんの住んでいた部屋で、リビングのものを取り出してみる。
新聞の切り抜き。
オペの手順が書かれたノート。
集合写真。
それが、あとあときちんと活かされていく。
その作り方が好きだった。
もちろん、外科医の堤さんはカッコ良かった。

原作も読んだけど、当麻医師は「患者を救うこと」を一番に考える、理想の外科医で、もちろん努力を怠らないから腕も超一流で、カッコいい人。
小説は、そんな彼と「生体肝移植」をするまでの経緯が、医療現場のいろんな思惑とともに書かれていて面白かったけど、映画は、違ってたけどドラマチックで良かった。

やっぱり、原作ものは先に映画を観なきゃ。
[PR]

by liddell423 | 2011-09-22 23:41 | movies

探偵はbarにいる

f0089775_18112728.jpg

監督: 橋本一
原作: 東直己
脚本: 古沢良太 / 須藤泰司
音楽: 池頼広
キャスト
大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、安藤玉恵、カルメン・マキ、田口トモロヲ、波岡一喜、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 他

面白かった!
こういう映画は好きv

すすき野の探偵とその助手高田。
探偵への仕事の依頼は、彼がいつもいるbar「KELLER OHATA」への電話。
或る晩、かかってきた正体不明の女性からの依頼を請けたことで、暴力団絡みの事件へと巻き込まれていく。

しょっぱなからのアクションシーンとは裏腹に、どこか二枚目になりきらない探偵と、ものすご〜くマイペースな助手。
でも、松田龍平のハイキックはかっこいい!
大泉さんも脱いだら凄い!(このために鍛えたらしい)

殴り合いのシーンも多くてシリアスなんだけど、ところどころに笑えるカットがあって、松田聖子を歌う田口トモロヲとか色っぽい安藤玉枝とか松重豊とか・・・。


ラストは好きじゃないけど。
彼女が噂通りの人じゃないことは、水割りをかけて追い返すシーンでわかっちゃうから。
復讐を成就させるのって、昔は好きだったけど。



次までに車は買い替えるのかなぁ。

f0089775_18461632.jpg

めがねの松田龍平。
tomへのサービスですかぁvv
[PR]

by liddell423 | 2011-09-21 18:40 | movies

東京タワー-tokyo tower

f0089775_23114653.jpg

監督:源孝志
出演:黒木瞳、岡田准一、松本潤、寺島しのぶ、余貴美子、岸谷五朗、宮迫博之、平山あや、加藤ローサ、半田健人

ちゃんと見てなかったので、ちゃんと見ておこうかなと。
岡田くんきれいだ。

母の紹介で出会ったショップオーナーの女性。
高校生だった彼が恋に落ちたのは、二十歳も年上の人妻。

こういうのって「終わり」が見えてしまう恋愛だと思ってた。
二十歳の年齢差って女性にとってはきついよ。
彼が40才のとき60才だよ・・・。

でも、終わらせないんだね。
自立してるから出来ることだろうけど、夫も、なに不自由ない生活も、捨ててしまえるんだもの。

もう一組のカップル。
寺島しのぶが可愛かった。
あんな風にのめり込んじゃうんだろうなあ。


下宿先の女主人が送り出す時の言葉
「良いキスを」
が良いなぁ。

監督さんの他の作品はこちらです。
どれも好きV
大停電の夜に(2005年、監督・脚本)
アキハバラ@DEEP(2006年、監督・脚本)
チルドレン(2006年、監督・脚本)
そして音楽を担当したのは「世界の車窓から」の溝口肇さん。
良いっす。
[PR]

by liddell423 | 2011-09-19 23:29 | movies

死刑台のエレベーター

f0089775_22123197.jpg

監督:緒方明
出演:吉瀬美智子、阿部寛、北川景子、玉山鉄二、平泉成、りょう、笹野高史、熊谷真実、田中哲司、津川雅彦、柄本明

「あの人を殺して、私を奪いなさい」

が、キャッチコピーの映画。
1958年に作られたフランス映画のリメイク。
どういう訳か観ていない。
ジャンヌ・モローが主演だというのに。
でも、オリジナルを観ていなくて正解だったかも。
がっかりだったから、観てても結果は同じか・・・。

愛人が自殺に見せかけて夫を殺す。
15分で終わるはずの完全犯罪が、ひとつの誤算から崩れていく。
元を観てないからハラハラ出来るはずなのに、なぜかなぁ。

吉瀬さんの衣装だけ良かった。
[PR]

by liddell423 | 2011-09-19 22:48 | movies

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

f0089775_23582262.jpg

監督マイケル・ベイ
出演シャイア・ラブーフ
ロージー・ハンティントン=ホワイトレイ
ジョシュ・デュアメル
タイリース・ギブソン
ジョン・タトゥ

上映時間が合わなくてシネプレックスではなく、T-joyへ。
2シートごとにテーブルが付いてるカップルシートがあるのを発見!
だからワタシの席は中途半端だったのか。

今回は3Dです。
奥行きの或る映像は凄かった。

でも、前半は退屈で、どうして彼女が変わっちゃったんだろうとか、ロボットたちが他国のテロをやっつけるのは内政干渉じゃないのかとか思った。
アメリカは「強いものが助ける」のが美徳だと思ってるのね。
そういうとこ「アメリカ万歳」で嫌い。


ところが後半、ロボットたちが地球を去り、人間たちが自分たちの力でなんとかしようと頑張り始めると、面白かった!
もう2時間だから終わっちゃったらどうしようと思った。(2時間45分の上映でした)
ロボットたちの戦闘のせいで人が簡単に死んじゃうとことか、ビルが二つに折れていくとことか(9.11の時みたいだった)心情的にはどうよと思うんだけど、傾いてくビルの中で持てる力を駆使して生きようともがく人間たちはカッコ良かった。
映像も凄かった。

今回もバンブルビーは可愛いv
頑張ってたし。
そして、一番共感出来る台詞は
「なんでいつも敵の方が良い武器を持ってるんだ!」
という兵士の叫びだった。
ワタシなんか1作目から思ってたぞ。
でも、メガトロンさまはどんどん不細工になっていったねぇ。
最初が一番カッコ良かったv
[PR]

by liddell423 | 2011-09-05 00:23 | movies

ぶっちー結婚祝い

昨夜は企画の男の子、ぶっちーの結婚を祝う会でした。
1Fも誘われたけど、来週はあべっちの送別会なのでみんな忙しく、ひとりで参加してきました。

企画したKくんは席決めのくじまで作ってるし、ぶっちーの披露宴のDVDも流したりして頑張ってくれました。
15~6人が長いテーブルに座ったので、遠くの人とはお話し出来ませんでしたが、普段、話すことのない人と話して、意外な告白を聞いたり、違う一面を見つけたり、楽しい会でした。

男性に混じって、二次会はかくうちに連れて行ってもらったし、三次会はワインバーでボトル開けてチーズとかアスパラとかワタシ好みのおつまみ食べて、すっごく楽しかった。
久しぶりに飲み過ぎて、ものすごくおしゃべりになって、彦島在住のKくんを帰れなくしてしまって、非常に申し訳なかったです。


来週の送別会は控えめに飲もうと思ってますが、この頭痛が治まったらきっと考えが変わります。
[PR]

by liddell423 | 2011-09-03 22:02 | days