<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

(500)日のサマー

f0089775_21251392.jpg

監督マーク・ウェブ
出演ジョセフ・ゴードン=レヴィット(Tom Hansen)
ズーイー・デシャネル(Summer Finn)
ジェフリー・エアンド(McKenzie)
クロエ・グレース・モレッツ(Rachel Hansen)
マシュー・グレイ・ギュブラー(Paul)

草食男子トムとキュートなサマーの500日。
時間軸がバラバラで、トムとサマーは親しくなったり冷めたり・・・。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットも「G.Iジョー」観ちゃったからなぁ。
あのインパクトは強いわ。
そして、みんなが魅力的だという「ズーイー・デシャネル」の可愛さが、ちっともわからないtomなのでした。

でも、なんとなく良かった気がするのは、トムが次に出会う女の子が「オータム」ちゃんだったり、トムの妹のレイチェルが、妹なのに立派なアドバイザーだったり、マシュー・グレイ・ギュブラーが好きだったりするから。

f0089775_19363125.jpgマシューは「クリミナルマインド」ではカッコいいのに(吹き替えはイマイチ)、この映画ではオタク仲間っぽくて、何となくダサイの。
バーバリーやヴィトンのモデルさんなのにね。
「クリミナルマインド」のスペンサー・リード氏の時は、IQ187で記憶力抜群で、美形で可愛くない性格で、素敵です。

最初に、薬指に指輪をはめたサマーと、スーツ姿のトムの仲良さげなシーンを持って来て、それがラストで解き明かされるみたいなとこは、あざといなぁと。

そして、ジョセフくんは「リバー・ランズ・スルー・イット」に出てたんだって。
tomの大好きな「恋のからさわぎ」(ヒース・レジャーとジュリア・スタイルズのロマンティック・コメディ)のあの「ほんとは主人公」の少年だったんだね。
[PR]

by liddell423 | 2011-04-30 22:34 | movies

今日のモモタロス

f0089775_2025967.jpg

日曜日にmomoをお預かり。
初めてだけど、一応、託児とか経験者なんだけどなぁ。
妹は前日にも確認の電話をしてくるし、泣き出すmomoを見て
「何かあったら電話してね」
と、心配そう。
母まで
「急いで行くから」
なんて言ってるし。

妹が出掛ける時は大泣きしたmomoも、出かけてしまえば、諦めて泣き止んだ。
持って来たジュースを飲んだら、もうゴキゲン。
「図書館に行く?」
と聞くと、行くと言うので、ふたりで歩いて図書館へ。
走り出すことも、寄り道することもなく、tomの方が桜の花びらを拾ったり葉っぱを拾ったり…。
図書館では、機関車トーマスとアンパンマンの本を読んだ。
momoはパーシーが好きなんだって。

図書館から帰ってお昼ご飯。
妹がお弁当を作ってくれてたからそれを食べさせる。
枝豆ご飯のおにぎりと卵焼きとウインナーとスパゲティー。
スパゲティーは少しシャツを汚したけど、上手に食べて飲んで完食!
お利口じゃん♪
お腹が落ち着いたところで、今度は公園へ。
歩いて行ける距離にいろいろあって良かった(^_^)

momoは慎重に、でもいろんな遊具にトライする。
ちょっと遊んで、すぐ次に行くのはなんでかなぁ。
母も合流して、ひとしきり遊んで、おやつを食べて、妹の帰りを待つ。

最後に少し泣かしちゃったけど、おじちゃんとも仲良しになったね。

こんな手のかからない託児なら、またいつでもどうぞ♪
[PR]

by liddell423 | 2011-04-26 20:02 | momo

ボクらの時代 4/24

日曜日の早起きが苦手なワタシ。
今日は根性で起きてテレビをつける。

やっぱり早起きはするもんだ。
今日のゲストは松田龍平・瑛太・新井浩文。
松田龍平と瑛太は、昨日公開の「まほろ駅前多田便利軒」で共演してるけど、新井くんはなんで?と思っていたら、「青い春」があった。
あの時はまだ「EITA」だったなぁ。

どう見ても話が苦手そうな三人。
どうなるかと観ていたら、やっぱり話は噛み合なくなるし、あっちこっち飛ぶし・・・。
でも、それも味で、なかなか面白かった。
っぽいカンジ?

龍平くんより瑛太が年上で、でもふたりは子持ちで、一番年上は新井くんで独身で、もう32歳なんだ。


「まほろ〜」は、松田龍平と瑛太の競演も楽しみだけど、監督は南朋さんのお兄さんだし、親子共演だし、柄本佑くんとか出てるし、やっぱり観たいなぁ。
原作は三浦しをんさんね。

「GANTZ」も観たいし「プリンセス・トヨトミ」も観たいんだよなぁ。
行けるかなぁ。


「青い春」(tom's garden)へはここから
[PR]

by liddell423 | 2011-04-25 00:10 | TV

クロッシング

f0089775_2348535.jpg

監督:キム・テギュン
出演:チャ・インピョ、シン・ミョンチョル、ソ・ヨンファ、チョン・インギ、チュ・ダヨン

この映画と「息もできない」が昭和館で同時上映されていた。
この二本を同時に観たら、浮上出来ないな。

この映画は脱北の真実を伝えるために、秘密裏に作られた作品。

貧しいながらも、親子三人幸せに暮らしていた家族が、母親が結核になったことで、父は家族を残し薬を持ち帰るため単身中国を経由して韓国へ亡命する。
命がけの脱北は成功するが、容易く手に入れられた薬を送る術もなく妻は亡くなり、一人残した息子は収容所に入れられてしまう。

北朝鮮での暮らしが悲惨だし、収容所はもっと悲惨。
背中がかぶれた幼なじみに、ネズミの皮を貼ってやるシーンなんて
「あー!そんなことしちゃだめ!!」って叫びそうになる。

ちらしにも使われている画像のシーンは、最後の方、もうすぐお父さんに会えることを信じて、モンゴルとの国境を越えるところ。


ほんとうに。
世界中の人たちが幸せに暮らせる日が来ると良いと思う。
[PR]

by liddell423 | 2011-04-17 00:11 | movies

息もできない

f0089775_2245325.jpg

監督:ヤン・イクチュン
出演:ヤン・イクチュン、キム・コッビ、イ・ファン

インディペンデントでは有名な俳優ヤン・イクチュンが、自ら監督、脚本、製作、主演した作品。
自分の過去に捕われ、吐き出さなければ前へ進めないと、総てをかけて作った映画で、評価が高いと書評で読んでいたので、必死で観た。

痛い。
辛過ぎる。
なんだ、この結末は・・・。

でも、それがリアルで、お互いのことは打ち明けないまま、絡み合う運命にも気付かぬまま、惹かれ合っていくふたりが悲しかった。

「二人でいる時だけ、泣けた。」
「愛を知らない男と、愛を夢見た女子高生。
 傷ついた二つの魂の邂逅。」

このコピー良いなぁ。
[PR]

by liddell423 | 2011-04-16 23:30 | movies

月に囚われた男/moon

f0089775_8592443.jpg

監督ダンカン・ジョーンズ
出演サム・ロックウェル(Sam Bell)
ドミニク・マケリゴット(Tess Bell)
カヤ・スコデラーリオ(Eve)
ベネディクト・ウォン(Thompson)
マット・ベリー(Overmeyers)

サムは3年の契約で月でただ独り採掘作業をしている。
話し相手はAIロボット<ガジェット>だけ。
地球との交信は不通になっており、時折、木星を経由して妻からのメッセージが届くのみ。
孤独な毎日に次第に病んでいく彼は、ある日事故で土砂に埋もれてしまう。
助けられ目を覚ました彼を迎えたのは、同じ顔のもう一人の「彼」だった。

「彼」らがクローンであることや、それが会社の企みで何体もあるであろうことは、見てるとなんとなくわかってしまうけど、狂気に走らず抵抗を試みるところや、ロボットが会社側でなくサムの味方になるとこなんか、新しいんじゃないかなぁ。
登場人物はほぼ「サム」だけ。
バックは宇宙船の中と月の上だけ。
低予算の映画だけど安っぽいカンジはなくて、ロボットの声はケビン・スペイシーと、こっそり豪華。

弱っていくサムは悲惨なだけど、わりと美しい映画。
嫁と娘は美人だったしね。

サム・ロックウェルって、こんなかわいそうな役が似合うなぁ。


監督のダンカン・ジョーンズは、デヴィッド・ボウイの息子。
デヴィッドも最近見ないけど、どうしてるのかな。

<ダンカン・ジョーンズ>
1971年、イギリス生まれ。父親は伝説のロック・スター、デヴィッド・ボウイ。母親は、ローリング・ストーンズの名曲『アンジー』のモデルとなったアンジェラ・バーネット。両親の離婚後は父親ボウイのもとで育てられ、幼少の頃から多大な影響を受ける。トニー・スコット監督のワイルドカム・オペレーターとして業界でのキャリアをスタートさせた後、コマーシャル監督として有名なウォルター・スターンのもとで経験を積み、コンピューターゲーム業界にも一時期身をおいた。低予算のミュージックビデオをしばらく手がけた後、広告業界の第一人者トレヴァー・ビーティに見出だされ、トップクリエイターのひとりとして注目される。2009年、長編映画デビュー作となる『月に囚われた男』で数々の新人監督賞を受賞。次回作は、ジェイク・ギレンホール主演の『Source Code』が決定している。 Contact ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント URL:http://moon-otoko.jp
[PR]

by liddell423 | 2011-04-16 10:16 | movies

京都ぎをん やた

f0089775_23523137.jpg春の蒸し寿しと京しっぽく煮麺膳

写真は、白木耳とこんにゃくの白和え。



f0089775_2352319.jpg難しい漢字なので携帯では打てませんでした。
昨日、博多でlunchしたお店です。
せっかくだからあまり行かないお店に…と思って入ったら、お値段もあまり見ない数字でした。
なので、一番安いのに(でも1800円)
みなさん、お金持ちみたいで、お高いのを食べてらっしゃいました。


f0089775_23523167.jpgでも、さすが京料理!
美しいです。
撮影OKをいただいたので、遠慮なくパチリ。


f0089775_23523143.jpg上品な味で美味しかったです。
煮麺の中に嫌いな椎茸入ってましたが、美味しくいただきました。
陶器の湯呑みの、手にしっくりする感じが好きでした。
[PR]

by liddell423 | 2011-04-11 23:52 | food