<   2010年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ

f0089775_0531713.jpg
監督 : 根岸吉太郎
原作 : 太宰治
出演 : 松たか子 、 浅野忠信 、 室井滋 、 伊武雅刀 、 光石研 、 山本未來 、 鈴木卓爾 、 小林麻子 、 信太昌之 、 新井浩文 、 広末涼子 、 妻夫木聡 、 堤真一

太宰治は難しそうでまるで読んでいない作家です。
この映画もあまり興味はなかったけれど、松たか子さんが絶賛されていたので、観てみました。

キャストは意外に好きな俳優さんばかり出ていて、そこは観て良かったんですが。
こういう男の人をよしとする空気が嫌いです。
さちの言うように
「妻を寝取られた男をコキュというなら、夫に心中された妻はなんというのですか」
です。

警察でさちをチラ見した心中相手のあきの目が印象的でした。
[PR]

by liddell423 | 2010-08-22 01:01 | movies

君に届け/椎名軽穂

f0089775_1853255.jpg

miyuが買っていた本です。
いまどき珍しい、過激なシーンがまるでない、やわらかいラブ・ストーリー(青春物?)で、miyuが買ってくれるのを待ち焦がれてました。
いつものように、笑ったり泣いたりしながら読んでました。

その漫画が映画になりました。
9月25日公開です。

爽子は多部未華子ちゃんで、風早くんは三浦春馬くんです。
風早くんはカッコ良過ぎな気がしますが(予告を観たら声も渋いの)、多部みかちゃんは爽子いけるんじゃないでしょうか。
良いなぁ。
と思っていたら、なんと監督は熊澤尚人さんで主題歌はflumpoolじゃないですか!

観に行きたい!

おばさんが一人で行くのは恥ずかしいかなぁ…。(いや、エヴァンゲリオンは行きましたけどね)

予告映像もホームページも素敵なので、こちらからどうぞ。→「君に届け」映画サイト
[PR]

by liddell423 | 2010-08-20 18:53 | books

月の恋人〜Moon Lovers/道尾秀介

f0089775_22371076.jpg

キムタク主演、月⑨の原作。
道尾さんのラウ゛ストーリー読んだことなかったし、最後でひっくり返す話が上手な人なのに、連ドラなんて大丈夫かなぁと思ってた。

違うじゃん。
家具メーカーの社長、蓮介が主人公で、上海工場の美女をモデルとして起用するとこ。
親友のミンに裏切られること。
会社を守るために冷徹になっていた蓮介が、変わっていくこと。
そのくらいが一緒かな。

蓮介を変えるのは、派遣社員を辞めた普通の娘だし、シュウメイとは恋愛しないし、弥生のじーちゃんとか弥生が再就職する会社の社長とか、渋い脇役がいっぱい。
弥生が上海で出逢った麗華も良かったな。

結局、悪い人はいなくて、救いがあって、好きだなあ。

線香花火をCMに使うシーンがあるんだけど、これは映像で観たかったな。
線香花火の玉を落とさないようにするには、45度角度で持つとか、あの玉には「牡丹」「松葉」「柳」「散り菊」って名前があるとか…
知ってた?
[PR]

by liddell423 | 2010-08-19 22:37

食堂かたつむりの料理

f0089775_1058796.jpg

オカズデザイン/小川糸/ポプラ社

手間をかけ時間をかけ、愛情を注いでこそ、美味しい料理は生まれるんだろうなぁ。
だからワタシは料理が下手なんだ。

物語と料理と写真の素敵なコラボです。
ワタシは見て愉しむだけですが、作れば「食堂かたつむり」を味わうことも出来そうです。

原作と映画はちょっぴり違っているようだけど、この映画は観てみたいです。
[PR]

by liddell423 | 2010-08-17 10:58 | books

コラージュでつくるかわいい小物

f0089775_104985.jpg
f0089775_1049889.jpg

akkyとふたりして
「素敵なの作るにはお金かかりそうだねぇ。」
そして二人ともハトメが買いたくなったのでした。

素敵になるかごちゃごちゃするか。
その境はやっぱりセンスなんでしょうね。
[PR]

by liddell423 | 2010-08-17 10:49 | books

波打ち際の蛍/島本理生

f0089775_10425299.jpg

心療内科の待合室で出逢った麻由と蛍のラウ゛ストーリー。
麻由のいとこのさとるくんとか、蛍の友達の紗衣子さんとか、回りの人達が魅力的。
最後もどうやら上手くいくようで、良かった良かった。

同時進行で読んでた短編も、暴力的な彼氏だったし、「大きな熊がくるまえにおやすみ」もDVだったし、この話も、元彼のDVのせいで人と接することができない女の子だし、島本さん、経験者?
あと、声フェチ?
[PR]

by liddell423 | 2010-08-17 10:42 | books

ごはんがおいしい手帖

f0089775_10204637.jpg
f0089775_10204727.jpg

料理研究員、植松良枝さんの料理本。
ご飯粒がついたシンプルなベージュの表紙に、上半分がレシピ下半分が料理の写真、紙もマットで、何よりレシピが簡単なのがうれしい。
材料も作り方も十行に収まってしまうのだもの。
ご飯を美味しく食べるための小さなおかず。
つまみにしても良さそう。
[PR]

by liddell423 | 2010-08-17 10:20 | books

ソルト

f0089775_20524181.jpg
監督 : フィリップ・ノイス
脚本 : カート・ウィマー
出演 : アンジェリーナ・ジョリー 、 リーヴ・シュレイバー 、 キウェテル・イジョフォー 、 ダニエル・オルブリフスキー

「あなたはソルトに騙される」

いやー、騙されるって疑ってるから騙されなかったけどね。
一番いい人そうだから一番怪しいなぁ…って人が、やっぱりだったけどね。
スパイものだけど、今は冷戦時代じゃないから、悪者はロシアの一部の人たちなんだろうな。
謎解きの面白さってよりは、ソルトが自分の力で危機を脱していくのが面白かった。
ちっと男の人たち弱すぎって感じはしたけど。

女性がかっこいい映画は好き。

見に行って良かった。

監督さんの以前の作品を見ると、好きな映画が多かった。
「ボーン・コレクター」は大好きだし(クィーン・ラティファが死ななければもっと好き)、「セイント」も好き。
もちろんハリソン・フォードのシリーズも好き。(この映画でショーン・ビーンを見染めました)
最近の映画は知らないなぁ。


•輝く夜明けに向かって(2006)
•裸足の1500マイル(2002)
•愛の落日(2002)
•ボーン・コレクター(1999)
•セイント(1997)
•今そこにある危機(1994)
•硝子の塔(1993)
•パトリオット・ゲーム(1992)
[PR]

by liddell423 | 2010-08-16 21:08 | movies

8月16日

f0089775_1741223.jpg

たぶん、あの下は雨。
[PR]

by liddell423 | 2010-08-16 17:41 | sora

昨日のモモタロス

f0089775_15204925.jpg

久しぶりに会って、始めは妹の影に隠れていたものの、慣れるとワタシは友達扱い。
身長が伸びて顔つきも少しお姉さんになった。
相変わらず良くしゃべる。
声もでかい。

ワタシを名前でちゃんと呼べるようになった。

母の家にいっしょに泊まって、朝めが覚めた時、にっこり笑った顔が可愛かった。
[PR]

by liddell423 | 2010-08-15 15:20 | momo