<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ダイアナの選択

f0089775_2233865.jpg
監督 : ヴァディム・パールマン
原作 : ローラ・カジシュキー
出演 : ユマ・サーマン 、 エヴァン・レイチェル・ウッド 、 エヴァ・アムーリ 、 ブレッド・カレン 、 ガブリエル・ブレナン

田舎町の高校で起こった銃乱射事件。
親友とトイレに居ると、突然聞こえた銃撃の音。
震える二人の前に現れた犯人。
「どっちを殺す?」

高校生のダイアナと、美術を教えながら娘を育てる大人になったダイアナが交互に語られる。
愛する夫と娘。
教師という仕事。
夢が叶ったような生活の中で、繰り返しあの日の夢を見る。

大人になってるってことは、ダイアナは助かったのよね。
じゃあ、いったい彼女はどんな選択をしたの?

ラストでようやく彼女の選択がわかる。
でも、そのヒントは途中にいくつもちりばめられている。

この間見た「パッセンジャーズ」に似てた。



花の色彩と水の映像がきれい。
[PR]

by liddell423 | 2010-07-26 22:49 | movies

ハルフウェイ

f0089775_7264167.jpg
<監督・脚本>北川悦吏子
<出演>岡田将生、北乃きい、仲里依紗、溝端淳平、成宮寛貴、大沢たかお、白石美帆

北川悦吏子、監督作品。
卒業間近の高校生カップルの日々。
映像が岩井俊二っぽいと思ったら、関わってました。(製作と編集で)

事件が起こるわけでもなく、メッセージが込められてるわけでもなく、若い恋人たちの人生はまだ途中。
「ハルフウェイ」は主人公のヒロが読み間違えた「halfway」でした。


告白の練習を聞かれてしまったり、逆に告白されて舞い上がったり、少女漫画みたいなエピソードが好き。
林の中のシーンも好き。


自己中でウザイ主人公は、裏を返せば素直でまっすぐで飾らなくてかわいい。
この季節はみんな、先のことなんて、相手の未来なんて、考えられない。


制服デートしたかったな。


音楽は小林武志。
歌はsalyu。


この空気感が好き。
[PR]

by liddell423 | 2010-07-22 21:05 | movies

夏野菜の揚げびたし

f0089775_1747186.jpg

借りてきた本を参考に作ってみました。
参考…なので、tom流はめんつゆ使用です。
ちょっと美味しそうでしょ。


でも、これを揚げるだけで汗だくです。

そして
[PR]

by liddell423 | 2010-07-21 17:47 | food

シネマ食堂/飯島奈美

f0089775_12585351.jpg

「買うほどじゃないなー」
と思っていたら、図書館にありました。

以前読んだ「シネマテーブル」は、写真は素敵だったけど、
「おいしそう」には見えませんでした。

この本の料理は美味しそうです。

飯島さんが担当した「かもめ食堂」「めがね」「東京タワー」などはもちろん、「クレーマー、クレーマー」や「リリィ ハチミツ色の秘密」とかの料理も紹介されてます。
「クレーマー、クレーマー」はいろんな本で紹介されてます。
この映画のフレンチトーストって、よほどインパクトが強いんでしょうね。
[PR]

by liddell423 | 2010-07-20 12:58 | books

天使のわけまえ

NHKのドラマです。
Mさんから
「tomの好きな飯島奈美さんの料理みたいなのがいっぱい出てるよ。」
と情報をいただき見てみました。
それに、佐藤祐基くんの復帰(?)一作目だし。

フードコーディネーターはやっぱり飯島奈美さんで、おはぎは持ってる本にもレシピが載ってます。
おいしそうです。
食べ物のおいしそうなお話はやっぱり好きです。
料理は苦手ですが、食べるのは好き!
それだけで幸せな気分になれます。

くるみさんの部屋やキッチンも好き。
あんな風に我が家もしたいものです。(まず、片づけないとね…。)
くるみさんの友人役の西原亜希ちゃんも好きです。
「花より男子」でおだんごやさんだった子です。

今季のドラマも楽しみなのを見つけました。


天使のわけまえホームページ
[PR]

by liddell423 | 2010-07-19 17:27 | TV

JOKER

錦戸亮ちゃん出演の刑事ドラマです。
主演は堺雅人(この字だったっけ)さん。
あと、杏ちゃんも出ますが、この二人は苦手です。
でも、亮ちゃんがかわいいので観ます。

法律では裁けない犯罪者に鉄槌を下す…のが堺さんなんですが、すっごく善良そうに見えて実は…ってとこがはまってます。
合ってると思います。

亮ちゃんはチャラ男だけど、なかなかスゴイ鑑識さんで、配線マニアの彼には合ってる。
この人も、善良そうな悪人、はまるもんなぁ。

1話の犯人は細田よしひこくん。
きれいな顔の子なのに、「デトロイト・メタル・シティ」のジャギや「東京DOGS」でも犯人やってました。
「百鬼夜行抄」の律役とか、SRSのPVにも出てるのに・・・。

鑑識官の仲間にライダーアクターさん見つけました。
ディケイドの井上正大くん出てました。
なんか嬉しいです。

エンディングがリップスライムなのもうれしい。

JOKERホームページ
[PR]

by liddell423 | 2010-07-19 17:14 | TV

骸の爪/道尾秀介

f0089775_23332776.jpg

デビュー作「背の眼」の続編。
作家、道尾が宿泊した仏像を作る工房で起こった奇怪な現象。
血を流す仏像、20年前の行方不明事件、新たな行方不明者…。
そこで真備に助けを求める。

犯人が一番怪しくない人なのは上手いなぁ。

でも、不思議な現象についての探偵の考察や心霊現象のように見えて、実は何の不思議もないとこは、やっぱ京極さん風?
そしてやっぱり浅い気が…。

「鬼の足音」は普通に恐かったのにな。
[PR]

by liddell423 | 2010-07-18 23:33 | books

リバーウォークなう

f0089775_12343557.jpg

ムーブでの動員に参加するため小倉へ。
マサトおすすめの「ベーコンチーズペッパーライス」を食べる。
あちあちで好きなものばっか入ってて美味し。
580円、サラダ無しは微妙かなぁ。
ドリンクチケットをくれるので、次回からは飲み物を付けれるけど。

斜め前の女子高生も同じもの食べてる。
でも、始めに混ぜたり混ぜなかったリと、食べ方はいろいろ。
ワタシはなんでもザックリ混ぜた程度が好き。

さ。
そろそろ買い物に行こう。
[PR]

by liddell423 | 2010-07-17 12:34 | food

SOSの猿/伊坂幸太郎

f0089775_19432564.jpg

困っている人を見つけると
「どうにかしてあげたい」と思わずにはいられない「私」の話と猿(孫悟空?)が語る「五十嵐真」の話。
重なるようで重ならない二つの話は、元はひとつの話だったりする。

物語の絡み方とか、今までの作品とどこかちがうなぁと思った。

五十嵐大介さんの漫画と対になるものらしい。
読売新聞の夕刊に平成20年10/3〜平成21年7/18まで掲載された小説に加筆・修正。
[PR]

by liddell423 | 2010-07-12 19:43 | books

背の眼/道尾秀介

「自殺した友人の写真の背中に、眼が写っていた。」
そんな調査依頼の手紙から始まる。
作家の友人が心霊探究者で、前半、霊というものについてながながと語ってくれる。
まるで京極堂だ。
でも、京極堂の方が深い気がするけど。

点在する事件がひとつにまとまって、思いがけないところに犯人がいたり、導入部分が生かされているのはさすがだと思う。
イマイチ回収できてないカンジはする。

でもこの本、彼のデビュー作なのだ。
[PR]

by liddell423 | 2010-07-12 12:59 | books