<   2008年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

プレゼント

f0089775_17485780.jpg

nayoとsachikoからは「ヒトセク」のサントラをもらった。
多分、自分では買わないCD。
プレゼントされると、何だか特別な気持ちで聴くし、これもまた出会いだと思う。

歌詞が付いているのは、「ANGEL」と「MY LIFE」「いかれたBaby」だけだし、あとはまったりとした曲が続く。
でも、ピアノとヴァイオリンとハーモニカで奏でられる曲は、愛おしくてあったかい。
この音楽を作ったのは元FISHMANSのHAKASE-SAN。
ワタシがFISHMANSを知ったのは、高山なおみさんのブログだけど、知る人ぞ知るグループで、この辺ではレンタルされてなくて、いったいどんな曲なんだろうと思ってた。
それをこんな形で聴くことが出来るなんて。
そう。
「MY LIFE」はFISHMANSの曲なの。
なんだか、この繋がりが嬉しくて、そしたら何気なく読み返した大森南朋さんのブログで、南朋さんがFISHMANSのドキュメンタリー映画に参加してることがわかった。
ふふ。。
好きなものって繋がるんだ。
[PR]

by liddell423 | 2008-04-28 17:48 | music

初恋

<監督・脚本>塙幸成<出演>宮崎あおい/小出恵介/宮崎将/青木崇高/柄本拓

あの「三億円事件」の実行犯は18歳の少女だった。ーという仮説に基づいた小説の映画化。

どうしたら「初恋」が犯罪に走るのか、わからなくって観たけど、なんとなく納得できてしまった。
岸の青い理想もみすずの想いも。
岸の
「お前が必要なんだ」
「お前じゃなきゃダメなんだ」
という言葉は、ワタシの胸にも切なかった。

あの時代、まだ子どもだったから世間で起きてることも知らなかったし、興味も無かったけど、やっていることがどんなにめちゃくちゃでも、あがいて戦って、熱い時代だったんだなぁと思う。
みんな、何かを変えたかったんだ。

この時代、何かを変えるためにはどうすればいい。

みすずの兄、亮を演じているのは、あおいちゃんの本当のお兄さんでした。
「ユリイカ」にも出ていたらしい。
草々さんは、草々さんを見るまで関心が無かったみたい。
この辺の青春映画にいっぱい出演していた。
「ただ君を愛してる」とか「海猿」とか「フライ・ダディ・フライ」とかに出てた。
気付かなかった・・・。
でも、出演者の中で一番好きなのは、柄本拓くんv

エンディングの元ちとせの歌も、切なくて良い。


「初恋」オフィシャルサイト
[PR]

by liddell423 | 2008-04-28 08:55 | movies

いちごタルト

f0089775_17362260.jpg

未来のパティシエ-ミユから
[PR]

by liddell423 | 2008-04-27 17:36

ROOKIES

イッチーに明慶くん、佐藤タケルくんも出るというので、めっちゃ楽しみにしていた。
初回は2時間スペシャル。
長めの前髪を真ん中分けにしたイッチーは、あんまり格好良くなかったけど、(2話では髪型変わってた)ドレッドヘアのタケルくんカッコイイじゃん。
良かったね。
今回はヘタレでも女装でもなくて・・・。
「イケパラ」で憎まれ役だった城田優も今回は格好良かった。
でも、多分彼はなかなか野球部に戻れないに違いない。
五十嵐くんはちょっと違うかなーというカンジ。
高岡くん、学ランはまだしも体操服は似合わなかった。
「1ポンドの福音」でキモイホストだった桐谷くんは、やっぱキモかった。
でも、そういう設定らしい。
明慶くんはあんなに可愛いのに、脱ぐと引き締まった身体だった。
意外だ。
川藤先生が学校を辞める原因になった生徒が、未來くんだった。
なんて豪華な♪
そういえば、ピッチャー殴ったニコガクの10番は上地くんだそうな。
他にもいろんなスペシャルゲストが出ていた。
またゆっくり鑑賞しよう♪

みんな学ランがよく似合ってて、ブレザーより絶対学ラン派のワタシは嬉しくってしょうがない。
ええ、変態でも良いデスとも。
「ごくせん」の視聴率がすごかったらしいけど、松潤もカメもいない(松ケンもヒロくんもいない)「ごくせん」よりは、ワタシはだんぜん「ROOKIES」だな。
ただひとつ心配なのは、野球シーン。
どうか「やったことないだろ?!」ってことになりませんように・・・。ROOKIESオフィシャルサイト
[PR]

by liddell423 | 2008-04-26 23:43 | TV

晴れて良かった(^-^)

f0089775_2249887.jpg

今日は記念式典。
ホテルに迎えに来てくれたバスに乗って会場へ。
オジサンオバサンがいっぱい!

時間まで待って、記念写真を撮って。
式典中に居眠りしてしまったワタシ。
何度もパパに肘でつつかれた。
「殴ってやろうかと思った」って後で言われた。
ごめんなさいっ!m( _ _)m

会食はパスして、ミルクロードを通って帰る。
せっかくの美しい景色も寝てしまってた。
あー、もったいないっ!
写真の「きよらかーさ」という道の駅のようなところでお昼を食べる。
1050円のバイキング。
動物性タンパク質は卵だけじゃないかというような、超ヘルシーメニュー。
野菜好きのワタシは、ほとんどのおかずをお皿にとってガッツリ食べた。
揚げたてを持ってきてくれた舞茸とピーマンの天ぷらが美味しかった。
デザートにアイスクリームもあったけど、子どもには物足りない献立かも。
お酢の入っているおからも初めて食べた。
パパは苦手でワタシにくれた。

ゆっくり帰ったので、帰宅時間は7時頃。
前日誕生日だったので、みんなの帰りを待って焼肉やさんへ。
マサトがいないと量も少ない。
ダイエット中のパパとイマイチ調子の悪いワタシは、今日は生ビールを一杯だけ。

ただ車に乗っていただけなのにとっても疲れた。
運転してくれたパパの友だちはきつかっただろうなぁ。
本当にお世話になりましたm(_ _)m
[PR]

by liddell423 | 2008-04-24 22:49 | days

DINNER

f0089775_2246281.jpg

ホテルで夕食は出るけど、せっかくだからと外で食べる。
何となく入ったのはホテル1階のしゃれたお店。
でも値段もそんなに高くなくて、なかなかおいしかった( ̄~ ̄)
なにより器が洒落ている。
でも、重いバッグを抱えて歩き回ったせいか、頭痛がするし気分も悪い。
友人夫妻も一緒だったので、平気な顔をしていたけど、グラスワインも最後まで飲めなかった。
あー、もったいない!
帰る頃には雨もひどくなってきて、土砂降りの雨の中をホテルへ帰る。
途中、道も間違って、靴もジーンズもぐっしょり・・・。
ホテルにたどり着くと倒れこむように寝てしまった。
[PR]

by liddell423 | 2008-04-23 22:46 | days

雨の熊本城

f0089775_2234341.jpg

同じ敷地内の熊本城へ。
本丸は改装後で美しい。
と言われたのに、天守閣に上ったら時間がなくなってしまった(^^;)
いつものようにたくさん詰め込んだ重いバッグを抱えて階段を上る。
肩凝った-(ToT)
小雨降る熊本城。
風情はあるけど足下は悪い。
ヒールの高いミュールで行っていたので、坂も階段滑りそうで怖かった。
[PR]

by liddell423 | 2008-04-23 22:34 | days

熊本へ

f0089775_1463345.jpg

パパが勤続30年で熊本で表彰式があるというのでくっついて来た。
「たぶん同じ目的だね」
宿泊地のホテルには、同じ年くらいの夫婦がいっぱい。
部屋に荷物を置いて同僚のご夫婦と出かける。
県立美術館で吉村作治の「エジプト40年展」というのをやっているので観に行く。
うーん、前も夫婦で見に行ったのは「ミイラ」だったな。
展示品は多くないけど、何千年たっても色褪せてない(鮮やかとはいかないけど)装飾や彩色に感動。
まるで映画のセットみたいだけど、本当にエジプトにあったものなんだ。
その本来の目的を考えると、保存のためとはいえ、ここにあって良いのかな-?と思う。
[PR]

by liddell423 | 2008-04-23 14:06 | days

ライラの冒険 黄金の羅針盤

<監督>クリス・ワイツ<出演>ダコタ・ブルース・リチャーズ/ニコール・キッドマン/ダニエルグレイグ/サム・エリオット/エヴァ・グリーン

原作は一押しの児童文学。
でも、ライラの救う未来と独自の宗教観は、子どもでは理解できないかも。
(マサトも読んだときは内容が理解できなくて、映画が面白かった・・・と言っていたし)

上映が今週までなので、駆け込み鑑賞。

本にすると分厚いこの物語を2時間に収めると、さすがにお話は駆け足になってしまう。
散りばめられたエピソードも、たくさん端折られていたけれど、映像は良かった。
アスリエル卿はもっと恰幅の良い人を想像していたけれど、コールスター夫人はピッタリかも。
魔女は箒で飛んでいたと思うけど、箒無しの方が格好は良いよね。
気球もあんな形になるとは思わなかった。

第1部はさらっと流したストーリー。
2部はまた違う世界へ飛ぶから、苦手な人には訳わかんないかも。
3部はさらに壮大な物語になるし。
でも、原作と同じになるとは限らないけど・・・。
3部のキャラクターがどんな姿になるのか、天使はどんな姿になるのか楽しみ。


「ヒトセク」の昭和館での上映が決まりました。
6月7日~27日。
あー・・・。待ち遠しい・・・。
昭和館さん、ありがとう!
[PR]

by liddell423 | 2008-04-20 08:33 | movies

星の島/林完次

f0089775_22301266.jpg

昔、たぶん漫画の主人公が、高橋健司の「空の名前」を読んでいて、すごく欲しかったけど、結構値段が高くて買えずにいた。
「白線流し」の中で長瀬智也が読んでいて(「宙の名前」だったかも)ブームになって、ブームには乗りたくないから買わなかった。
「星の島」は「宙の名前」の林完次さんの本。
空の写真がすごくきれいだった。
うーん、文がいまいち…ワタシ好みじゃなかった。
でも、星や「青」のいろんな英名が紹介されてるよ。

やっぱり「空の名前」欲しいなぁ。
[PR]

by liddell423 | 2008-04-19 22:30 | books