<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

AKIVIC

f0089775_113583.jpg

minakoさんの歓迎会とwakaのBirthdayをかねて女の子(?)で食事に。
若い子と行くと店が違うわぁ。
値段の折り合いは分からないけど、料理はおしゃれでかなりのボリューム。
ちょっと食べきれなくてもったいなかった(;_;)
ケーキにろうそくと花火を立てて、ちゃんとお祝いしてくれるのが嬉しかった。
wakaには良い思い出ができたかな?
電車がなくなってしまう3人と分かれて、minakoさんとsachikoと二次会。
明日は仕事だからセーブしたけど、二人ともつよぉい(@_@)
飲んでくれる人が入ってくれて嬉しい。
また行こうね( ^ー゜)b
[PR]

by liddell423 | 2007-09-29 01:13 | food

新世紀エヴァンゲリオン:序

どうしても観たくって、仕事のあと5時からのに行ってきました。
前回、そう言って見に行ったのは「サイレント・ヒル」だったような気がする。

「エヴァ」はまだ息子が観る年齢に達してなくて、母が観たくて観るのも気が引けて、放映中は我慢していた作品。
「アダルト・チルドレン」とか「使徒」とか「ゼーレ」とかいう言葉に、とっても興味があったんだけど・・・。
数年前wowowで一挙放送されて、念願叶って見れたんだけど「?」がいっぱい。
VTRになってた劇場版も借りたけど、それでも「?」
息子に見せたらはまってしまって(「エヴァ」はゲームキャラにもなってるからね)、今ではワタシより詳しい。
それでも「エヴァ」には謎がいっぱいで、「エヴァ」語を説明するサイトから、勝手にサイドストーリーを作ってるファンサイトまで、原作者には関係ないところで世界が構築されている。
そういうアニメってやっぱりないと思う。

今回の劇場版は4部作。
最後の謎が解けるまで多分4年待たなければいけない。
それでも見に行っちゃうのは、映像と音を劇場で楽しみたいから。
もちろん、満足して帰ってきた。

テレビ版ストーリーはもう確かな記憶がないけど、それでも、「ここ違う!」ってわかるくらい変えている。
でも、シンジが愛されたいと願うヘタレ少年なのはいっしょ。
観るたびイライラするけど、14歳の少年がいきなり父親に呼びつけられて、死を覚悟で戦えって言われたらこんなカンジなのかも。
ヒーローじゃないのが良いのかも。
「エヴァ」の登場人物はみんな「親に愛されなかった子」(そう思っている子)
その壊れッぷりは今の子どもといっしょだと思う。
(ここでなぜが「花とアリス」のアリスを思い出す)
その子の成長に人類の未来がかかっているわけで、そういうトコは「ファンタジー」や「児童文学」の轍を踏んでいると思う。
監督も「高校生に見てほしい」と言っていたし。

映像はね。
良いよ。
ジブリとも「鉄コン」とも違った良さ。
「使徒」はテレビ版よりバージョンアップしてるし、第3東京が格納(?)されるトコとがカッコイイ!!
あ!でもちょっとグロイかな。
この後もっとグロイ映像があるとうのに。

ミユに
「知りあいに会わないように」「何を見に行くか言わないように」
言われてたけど、ミユの高校の子も見に来ていた。
水曜日だったのでガラガラで、家族連れとカップルが少し。
うちでマサトと語ってたら、当然のように嫌な顔されました。

実はキャラデザインの貞本さんのマンガはまだ終わってない。
全巻揃ったら読ませて、とマサトに言ってたけど、観ちゃうと確認したいなぁ。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-27 08:03 | movies

パパとおでかけ

週末義父が退院しました。
完治しての退院ではなく、院内感染のため自宅療養の方が良いだろうとの判断で。
当初は自宅で体力つけたあと、再入院してペースメーカーを入れる予定だったけど、薬がきいているので特に必要無いと判断して、完全な退院。

でも、まだ買い物は無理だろうと電話してみると、案の定
「なんにもない」
との答え。
いつものようにひとりでJRで行こうと思ってたら
「休みだからいっしょに行くよ」
と、パパ。
ありがたい!
全然時間が違うからね。

買って行ったパンをたくさん食べてたけど、今日の父の体温は38度。
あんまり調子は良くないみたい。
母は
「キモチの問題」
と手厳しい。

パパは夕方からお出かけだし、私も買い物に行きたかったので、草々に帰宅。
ところが、帰りに急ブレーキを踏んだ前の車にぶつかってしまい(たいしたことなかったけど、相手の車はかなり凹んだ。プラド強し!)携帯を実家に忘れたかも?!とあせり(車に落ちてた)なんだかブルー。
パパの方がショックだろうけど。

久々のふたりでお出かけは、散々な結果になりました。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-24 22:03 | days

空中庭園/角田光代

ある家族のお話を6人の視点で語った小説。
よくある手法だけど、家族だけじゃないし、6人というのはなかなかスゴイ気がする。

秘密を持たない家族。
娘をお腹に宿した場所まで、包み隠さず話してしまう。
(ラブホテル「野猿(のざる)」だぜー)
ところが・・・・・。
なわけで、秘密がないなんて怖すぎると思ってたけど、それぞれに抱えている秘密はもっと怖かった。
犯罪とかストレートな恐怖じゃなくて、ぞわってくるカンジ。
どろどろしてて、病んでるなぁというタイプの。

こういう話は想像してなくて、こんな話ばっかりだったら、ワタシ角田さんはもう良いわ・・・と思ってたけど、解説が石田衣良で
「対岸の彼女と読み比べて欲しい」と言っていたので、「対岸の彼女」も読んでみようかな。
「空中庭園」は小泉今日子で映画になってたし、「対岸の彼女」もwowowでドラマになってた。

気持ちが墜ちる本だったので苦手ですが、読ませる文章です。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-23 22:50 | books

週末 学童2

今日の学童は「ゲームして良い日」だったので、いつも以上に平和でした。
なので、F先生と映画や本を語ってました。

F先生とは少し趣味に誤差があるんですが、読まず嫌いだった本やチェックしてなかった映画を教えてもらってます。
今日は町田康の「きれぎれ」と角田光代の「空中庭園」をレンタル。
小林聡美のエッセイも読ませてもらいました。

オダジョー好きのF先生。
加瀬亮も好きとか。
今日のワタシの頭は冴えていて、俳優さんや映画のタイトルがポンポン出てきて、気持ちよかったぁ~。
まだ、アルツじゃないぞー。

小林聡美のエッセイは彼女らしくて面白かったです。
1度読んだらイイかなぁ。
町田康さんは文章がロックンロールしていて、読んでいて息苦しい。
今のトコ訳わかんないし、最後まで読む自信ないかも?
角田光代さん、この後ご紹介します。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-22 22:15 | days

実り

f0089775_1752390.jpg

家のすぐ前の田圃。
20年前は見渡す限り田圃だったけど、今は家が増え、小洒落たアパートも建っている。
いったいどんな人が住んでるんだろ?
「泊まって行きなさい」と母は言うけど、ごめんね、明日は家でごろごろしていたい。
映画に行く元気もないもの…。
パン屋で流れてた曲に元気をもらって1時間の電車の旅。
行きは寝てたから、乗り越さないよう気をつけなきゃ。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-16 17:52 | days

海老津へ

f0089775_1739558.jpg

昨夜の電話で
「もう何もしたくない」とか言うので、様子を見に雨の中出かける。
土砂降りの雨を駅でやり過ごして、スーパーでおかずを買って、母の待つ家へ。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-16 17:39 | days

週末学童

10月末まで週末は学童で仕事です。
でも
「週末も仕事でキツイ」
と学童で子どもに言ったら
「今日仕事なん?」
と言われた。
仕事してると思われてないんだ・・・。

ちょっと前のように、気を付けてないとどこかで喧嘩が勃発・・・ということもないので、じーーーっと子どもの様子を見ているだけ。
今日はお絵かきも頼まれなかったし、ほんと見ているだけの仕事でしたね。
寝てしまうので、時々子どもの遊びに参加して邪魔にされてたけど。

たまーにしか行かないので、毎日行ってる先生ほどには子どものコトわからなくて
「この子はこういうトコあるよ」
「この子はこういうの得意よ」
と言われると
「へーー」
と思ったり。
1年生の時はおとなしかった子が、いっちょまえに口答えするようになっているのが、可愛かったり腹立ったり。

いろんな家庭があって、いろんな子どもがいて、学童の仕事はほんとはとっても難しい。
ワタシの一挙手一投足が子どもに影響を与えると思うと怖いし。
でも、どの子もそのこなりに可愛くて、
「疲れた・・・。」
と思いながらも、週末子どもたちに会いに行く。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-16 09:12 | days

持久戦

7月終わりに心臓発作で入院した父。
記念病院への転院、微熱が続く毎日、延期される手術。
やっと今週手術!
・・・と思っていたら、また延期。

どうやらすぐに熱を出すのは「院内感染」だったみたい。
かもしれないな・・・とは思ってたけど、やっかいな。。。
これ以上母は待てないぞ。と思っていたら、一度退院して手術前に再入院するとのこと。
母は
「退院してもまたすぐ入院するんやろ」
と、不満そうだったが、父が帰ってくればその間母は寂しくないから。

転院以来、毎日8~8時半に母に電話をしている。
昨日は久しぶりにみんな揃って夕食だったので、電話をかけそびれていたら、9時前に母から電話がかかってきた。
「かかってこないから、どうかしたのかと思ってかけてみたんよ。」
こんな嫁を頼ってくれるなんて、やっぱり寂しいのね。
お母さん、もう少し頑張ろうね。

毎日の電話、仕事の後の病院、週末の仕事、日曜日母のところへ・・・。
映画も買い物も我慢して、ゆっくり休めなくて、テンション上げてないと「イヤ」になりそう。
もう少し頑張ろう。
日頃、ふたりで元気にしててくれて、楽させてもらってるんだから。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-13 07:04 | days

9月9日

f0089775_1714217.jpg

久々のすごい夕焼け。
マサトと感動する。
[PR]

by liddell423 | 2007-09-11 17:14 | sora