<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

私立受験

f0089775_12572885.jpg

今日はナツの初めての受験日です。
いつもより早く起きましたが、いつもと変わらず、ほやぁ~(´ー`)と出かけました。
がんばってるかな?
[PR]

by liddell423 | 2007-01-31 12:57

華麗パン

f0089775_17373286.jpg

見つけました!
華麗なるカレーパン!!
さて、お味は?
[PR]

by liddell423 | 2007-01-30 17:37 | food

トトロ

f0089775_12214615.jpg

近所のパン屋さんで見つけました。
中はチョコクリーム。
ちょっと甘い(=_=)
[PR]

by liddell423 | 2007-01-30 12:21 | food

天然生活

f0089775_12434028.jpg

クウネルを買いに行ったんだけど、今月はこっちの方が良いカンジ(゜~゜)
チョコを使ったデザートとshopオーナーのお家紹介が載ってる。
ワタシにはちょっと高級だけど、我が家もちょっとずつおしゃれにしたいなぁ('-'*)
[PR]

by liddell423 | 2007-01-24 12:43 | books

田川美術館3

f0089775_1951275.jpg

デビット・シャノン!思い出しました。
「だめよ!デビット!!」を描いた人です。
薬用石けんミューズのアニメーションのコマーシャルあったでしょ。
あの、汚い子どもっぷりが大好き!

田川の作品選びがすごいなぁと思いましたが、学芸員さんももちろんセンスが良いんでしょうが、飯塚の「からすのほんやさん」の方が企画協力されたようです。
下関の「こどものひろば」といい、やはり子どもの本屋さんの見る目は確かです。


幸せはここまでで・・・。
「今日こそここで食べようね♪」
と楽しみにしていた同じ敷地内のレストランは、改装中のため23日までお休みでした。
駅までの道に何かあるでしょう、と歩きましたが、どの店もお休みでした。
おまけに駅がどこかさえわからなくなるし・・・。
ウロウロ歩いてようやく開いているお店をみつけ、昼ご飯。
値段もソコソコ、味もまあまあ、食後に出してくれた珈琲も美味しかったので、ちょっと幸せな気分になりました。

帰り道、二人の友だちは小倉で寄り道。
お客さんが来ることになっているワタシは、まっすぐ家へ。
それも、時間が無くて、バスにも乗り間違えて、チャリを飛ばしてお総菜を買いに行き、何とか形になったと思ったら、来てくれた子どもたちは(幼稚園と小学2年生)巻きずしやいなりより、白いご飯が良いと言うし・・・。

・・・疲れました。
[PR]

by liddell423 | 2007-01-23 19:05 | art

田川美術館2

f0089775_04680.jpg

前回の下関と違い、なかなかマニアな品ぞろえ。
長新太やスズキコージ木葉井さんなんかのパワフルな絵を1冊分展示してた。ル・カインも大好きなセンダックもあったし、大変満足いたしました。
なので、今回図録は、下関の物を流用し、新たに作ってなかったのにはがっかり(;_;)
でも、ちいさな椅子と絵本が所々に置いてあったり(その椅子がまたかわいい)テーブルの周りに椅子や動物の形のラグが敷いてあったり、「ゆっくり楽しんで」という企画者の思いが感じられる素敵な展示会でした。
写真は展示室を外から写したもの。
中で撮りたかったけど自重しました。
図録がないので、是非見に行ってください。
[PR]

by liddell423 | 2007-01-22 00:04 | art

田川美術館

f0089775_23451126.jpg

絵本の原画展に行ってきました。
久しぶりの田川。
出だしから、降りる駅を間違え、波乱の予感。
[PR]

by liddell423 | 2007-01-21 23:45 | art

おみやげ

f0089775_12401426.jpg

ミユが修学旅行から帰ってきました。
それぞれにおみやげを買ってくれて、ディズニーシーはとっても楽しかったようです。
「スティッチグッズがいい!」と言ったワタシには、携帯ストラップ。
パパにもリクエスト通り雷おこしを。
でも、他の人のが缶入りなのに、自分のだけ袋入りなのが不満のようでした。

tomさん家の平和な日々は終了です。
[PR]

by liddell423 | 2007-01-19 12:40

表彰状


真面目な大学生マサトは、体育の授業で皆勤賞。
<よく出たで賞>と書いてある。
ピカチュウの「すばらしい!」スタンプが押してある。
「こんなもん、いらねぇ!」(# ̄3 ̄)
[PR]

by liddell423 | 2007-01-19 06:54 | days

鉄コン筋クリート

<監督>マイケル・アリアス<原作>松本大洋<声>二宮和也/蒼井優/田中泯

観に行った人が二人とも「良かった!」と言ってるし、ニノだし、蒼井優ちゃんだし、アジカンだし・・・。
我慢出来ずに行って良かった。

鳥瞰の映像は好き。
自分も飛んでいる気がするから。
この映画の飛び方は、夢の中でのワタシの飛び方といっしょだ。

原作を読んでいないからかもしれないけど、キャラクターの声にはすんなり入れた。
始めから知っていたのは、書いている3人だけ。
他のキャラクターもすごく良いので、パンフを買って見てみると、スゴイメンバーだった。
つーか、好きな人ばかり。
それもうれしかった。

<宝町>はカボチャドキアみたいだった。
「嵐」の屋根は見つけたけど、他はわかんなかった。
細部のこだわりに、作品への愛を感じた。

クロがシロを突き放すシーンで泣いてしまった。
そしたら隣の人がすすり上げていたので安心した。

クロの足りないネジはシロが持ってる
シロの足りないネジはクロが持ってる


人はみんなココロの中に闇を抱えていて、でも、大切なヒトがいるから、<イタチ>にならずにいられるんだと思った。
一人でも生きていける人もいるんだろうけど、他の誰かと暮らすことで、バランスを保てるような気がする。
思うようにいかないことも多いけど、それがストッパーに<ネジ>になってるような。
同じようで違う考えを持っている人が傍にいるから、違いを受け入れられるのかなぁ。
他の人はわからないけど、今のワタシがあるのは、きっと一緒にいる人のせい(おかげ?)だと思った。
そして、究極の死ねる愛より、愛のためにがんばって生きる方が好きだなぁと思った。

人間そんな簡単には死なん!
のは、クロのため?
今の時代へのメッセージなんだ。

アジカンの曲は、何度も聴いていたけど、家だとギターの音が前に出てて、ゴッチの歌がよくきこえない。
映画で歌詞がわかって、こんなに合ってるとは思ってなくて、びっくり。
始めのざわめきから、イントロから、エンドロールの映像にピッタリはまっていた。

少年の映画だと思った。
老兵は消えていった。
今の子どもたちに、大切な誰かをみつけて欲しいと思った。
切なくて涙が止まらなかった。
夜に紛れて、バスの一番前のシートで、泣きながら帰った。

もう一度観たい。

PS.
「BANANA FISH」を思い出した。
[PR]

by liddell423 | 2007-01-18 17:55 | movies