カテゴリ:art( 60 )

ブラティスラヴァ絵本原画展

f0089775_671465.jpg午前中、ミユの文化祭を覗いて、午後からはリバーウォークへ行ってきました。

先日、膨大な量のミュシャを観た後なので、量的にはちょっともの足りませんでした。
最新の絵本作家の作品や、チェコの古い絵本を見れたのは勉強になりました。

2005年のブラティスラヴァ世界絵本原画展では、日本の酒井駒子さんが金牌賞を受賞していました。
大好きな画家さんなので嬉しいです。
(前に会ったし、サインもらったし♪)
あとは応募作が展示されてました。
亡くなった長新太さんの原画や降矢ななさんの「ともだちや」シリーズもありました。
印刷技術も進歩していて、絵本でもきれいな色ですが、それでも原画は良いです。

絵本コーナーで実物の絵本を見ることが出来るのは、良いなぁと思います。
子ども連れが何件か見ていましたが、子どもいないのにとりあえず全部チェックしました。
販売コーナーにはチェコの本はなかったと思う。
酒井さんのはいっぱいあった。
でも、外国の本はまだ翻訳されていないので、ストーリーはわかりませんでした。

かなりゆっくり見て回りましたが、それでも1時間半くらい。

そのあと、友人の展示会に行きました。
ほんと、こつこつ小さな作業をやっていて、感心します。
ビーズは、賞を取ったのがまだ戻ってなかったらしいんですが、昨日ちょうど戻ってきていて、見ることが出来ました。
すごい・・・!!
です。
5日までですが、美術館と同じフロアなので、是非覗いてください。
[PR]

by liddell423 | 2007-06-02 23:07 | art

原展廻帰

f0089775_783316.jpg
友人の作品展がリバーウォークで。
2007.5.30(wed)〜5.66.5(tue)
リバーウォーク北九州5F 市民ギャラリー
AM10:00~PM7:00
入場無料

ビーズと焼き絵とイラストが展示されています。


北九州市立美術館の分館ではこちらが
        ↓
ブラティスラヴァ世界絵本原画展
会 期
 2007年6月2日(土)〜7月8日(日)
 ※会期期間中の閉館日はありません
開館時間
 午前10時から午後8時
 ※入場は午後7時30分まで

東欧スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァでは、2年に一度世界最大規模の絵本原画展「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)《が開催されます。2005年度のブラティスラヴァ世界絵本原画展を軸に、子供も大人も楽しめる展示内容に再構成した本展は、日本国内7会場を巡回して6月2日より北九州市立美術館・分館にやって来ます。本展では原画展の受賞作(46点)をご紹介すると共に、酒井駒子や荒井良二など日本人作家の出品作(56点)の展示をします。さらに日本では初の試みとして、チャペックやトゥルンカなどチェコの絵本原画や児童書を紹介するユニークな展示内容になっています

[PR]

by liddell423 | 2007-05-31 07:08 | art

アクアリウム

f0089775_19761.jpg

[PR]

by liddell423 | 2007-05-27 19:07 | art

アジア美術館

f0089775_1925782.jpg大好きな「ミュシャ」が来ているというので、アジア美術館へ初めて行って来ました。
方向音痴のワタシを心配してMさんも一緒に行ってくれました。

「スラブ叙事詩」のような大物や装飾品などはありませんでしたが、まだ見た事のなかったリトグラフがたくさん展示してありました。
いったいこの人は、どれだけ仕事をこなしてたんでしょう?
スゴイ作品数でした。

リトグラフは版画なので、同じ作品をいろいろなところが持っているンですが、今回下絵やデッサンもあって、デッサンの時からほぼ作品と同じなのにビックリしました。
ミュシャはモデルにイメージ通りのポーズをとらせ、写真を撮ってそれからデッサンを描いていたようなので、それが出来たのかもしれませんが。

ポスターやチラシを作る時に、お世話になった作品もたくさんあって、懐かしかったです。
(服のひだや髪のうねりを描くのは楽しかったけど、装飾はめんどくて省いた)

同時開催のアジアの作品展も、それぞれのお国柄が出ていて、楽しかったです。
なんとなく、どこの国の人が描いたかわかるのよね。
入場料200円以上に楽しみました。

次は8月の絵本展に行きます。
[PR]

by liddell423 | 2007-05-27 19:02 | art

アルタ版シャガール展

f0089775_550976.jpg「アルタ版シャガールと異邦人のパリ」展。
井筒屋新館7階で15日まで。

リトグラフとシルクスクリーン、復刻版となっているので、完全なオリジナルじゃないのかなぁ?
ほかにモディリアーニ、ローランサン、モネなど40点が展示販売されるそうです。
販売ってことはやっぱり原画じゃないんだ。

でも、お手軽に芸術に触れることができるかも?
小倉にお出かけの方は寄ってみてください。
[PR]

by liddell423 | 2007-05-11 05:50 | art

ギャラリーけやき

f0089775_8573037.jpgMさんに付き合ってもらって「手のわざ、心のわざ、8人展」に行ってきました。

彼女と出かける時は決まって良い天気。
「行けばわかるよね」感覚で出かけました。
恒見のバス停近くに看板。
「良かったねー。」
と言いながら、友だちが教えてくれたとおりに進む。
・・・。
「公園ってここ?」
「2,3軒先って・・・、隣の家ってものすごく先まで続いてるけど・・・。」
不安になって、案内にあった住所をたどると「久保田」さんのお宅に。
「久保田さんて代表の人よね。でも、看板も出てないし、普通のお宅みたい。」
仕方なく、バス通りに戻り、看板の通りに歩く。
「え?ここってさっきのトコ?」
そう、着いたところは「久保田」宅の裏口。
公園横のながーいお屋敷の隣の隣り。

とだっち、疑って悪かったよ・・・。

築130年という古い民家のお座敷に並べられた作品。
その暖かさと素朴さが、ぴったり。
染織をしている久保田さんに色々お話を伺い、ゆったりとした時間を過ごせました。

時彦さんの絵はいつものように温かだし、書もガラスも陶器も素敵。
衝動買いはがまんがまん。
家具を作っている「天久」さんの工房は松原にあって、たぶん工場の近く。
今度、お散歩してみようかなぁ。

道行く人に(郵便配達の人にも)聞いても、誰も知らなかった「ギャラリーけやき」は、久保田さんのご実家。
展示会の時だけ「ギャラリー」になるのだそうです。
でも、いつか蔵を改造してギャラリーにしたいとか。
次回展示会には、迷わずに行けるね。
[PR]

by liddell423 | 2007-05-02 23:57 | art

春の新作

f0089775_762411.jpg
久しぶりにビーズ・ショップへ行きました。
会員証はとっくに切れていたので、新たに会員に。
凝ったものは作れないので、カットのきれいなビーズを買いました。
昨日作ったのにちょっと手を加えて、今日のためのイヤリング。
ピンを迷いながら曲げたので、ちょっと不格好になってしまいましたが、自分用なので。
休みの間に、もう一つくらい作れるかな?
[PR]

by liddell423 | 2007-05-02 07:06 | art

手のわざ、心のわざ、8人展

メル友、田中時彦氏より、案内いただきました。
連休中、お暇な方は是非お出かけください。

「手のわざ、心のわざ、8人展」

日時■2007年4月29日(日)~5月5日(日)
    10時から8時
場所■ぎゃらりーけやき
    〒800-0114 北九州市門司区吉志3-16-10
連絡先 090-9489-6114(久保田)

展示会■現在、地元を中心に活躍している各方面の
      作家8人による作品展です。
      会期中は、其々のワークショップも安価で開催します。
      4/29 18:00ライブ(¥500)
      4/30 13:00田中時彦・絵手紙教室(¥2000)
      5/3  18:00ライブ(¥500)
      5/4  13:00屏賀一於・ステンドグラス教室(¥2500)

参加作家■天久浩孝(家具)
       井出愛治(吹きガラス)
       大庭三紀(書)
       岡部倫生(陶芸)
       田中時彦(童画)
       平田一字(とんぼ玉)
       屏賀一於(ガラス造形)
       久保田直子(染織)
[PR]

by liddell423 | 2007-04-21 06:49 | art

門司ヶ関人形展

f0089775_19103989.jpg

会期:3/21〜3/25
場所:旧三井倶楽部

メールもいただいたし、行ってきました。
U氏が忙しいせいか、年々人形の数が減ってる気がするのはワタシだけ?
今年はねずみを買いました。
でも、我が家にはネコがたくさん飾ってあるので、本棚に隔離してます。
新作「ラピスキャット」に触手が動いたけど、2000円なので我慢しました。
[PR]

by liddell423 | 2007-03-21 19:10 | art

中川原哲治・惠子染織布展

f0089775_17462575.jpg高級寿司屋「ひろとわがみ」で染織布展があると教えて頂いたので、行ってきました。

木の竿に掛けられた布は、蝶の羽のようで、軽やかで繊細でした。
手前の化学染料で染められたものは、6〜7,000円くらいでしたが、ほとんどは6〜70,000円。
高いものは210,000円でした。
ちょっと買える値段ではなかったけど、目の保養と心のご馳走いただきました。

帰る時もご夫婦で何度も丁寧に挨拶して頂きました。

あすなろでは紹介したんですが、会期が昨日と今日の2日だったので、今から見に行っていただけないのが残念です。
お二人のホームページを見つけたのでご紹介します。
↓こちらからどうぞ。
山まゆの里ホームページ
山まゆの里紹介
[PR]

by liddell423 | 2007-03-17 17:46 | art