カテゴリ:TV( 48 )

まぼろしなのか?

さっきTBをチェックしていたら、ソフトバンクのCMについてのがありました。
市川実日子ちゃんに加瀬亮くんが電話でプロポーズするあれです。
初めて見た時から大好きだったんですが、最初放送された時は、お家の玄関でもう一度
「結婚しよう」
って、言っていたと思うんだけどなぁ・・・。
あの時の加瀬くんが、めっちゃキュートだったから、あのバージョンを楽しみにしてるのに、もう放送されないみたい。
やっぱり、携帯のCMで直でプロポーズはないだろ!ってことになったのかなぁ。
まさかワタシにだけ残る記憶?
時々、頭の中で映像作っちゃうから、それもありかも?
いやいや、絶対あった!

今はdocomoのコマーシャルが好き。
出ている人が一押しの人ばかりだから。

パパはコマーシャルが嫌いで、CMになるとチャンネルを変えちゃうけど、CMも好きなワタシは、パパ以上のテレビッ子なのかもしれない。
[PR]

by liddell423 | 2007-05-22 08:29 | TV

哀しい予感

<原作>よしもとばなな<監督>塚本晋也<出演>市川実日子/加瀬亮/藤井かほり

「TSUGUMI」以降何冊か、ばななさんの作品は読みましたが、もういいかなーと思ってました。
wowowで舞台版があるというので見てみました。

塚本監督にとって、初めての舞台演出となるこの作品を放映する事が決まった時、公演を撮影するのではなく、舞台を映像化することになりました。
舞台の作品が、編集され脚色されて、新しい作品になっています。
[PR]

by liddell423 | 2007-05-19 22:02 | TV

印象派 若き日のモネと巨匠たち

wowowで放送された、イギリスBBC放送制作のTVドラマ。
インタビューなどを元に画家たちの実像を忠実に描いているそうです。

子どもの頃、絵画と言えば印象派の作品とモナリザくらいしか知りませんでした。
こうやって、画家の実像や絵が出来上がるまでの行程や、他の画家との交流を見ると、絵画もより深く見る事が出来そうです。

「才能はないなぁ」と美大進学は諦めましたが、自分の作品を描く以外にも、絵に関わる仕事はたくさんあったんだなぁと思いました。
そしたら、一生独身だったかもしれないので、今の人生に後悔しているわけではありませんが・・・。

老後の楽しみにしましょう。
[PR]

by liddell423 | 2007-05-07 08:35 | TV

帰ってきた時効警察

f0089775_13214598.jpg

ハマってます。

周りのみんなが
「絶対好きだから!」
と、薦めるので今回は観てみました。
もちろん、こちらでは深夜1:45から、HDDに録画ですけど。

何!
この力の抜け具合。
ちりばめられた小ネタ。
個性的なキャラ。

もちろん、オダジョーは良いです。
でも、他の人たちもみんなツボにはまってしまって、ゲストさえ好きな人ばっかで。

それにしても、ワタシの好みはそんなに分かりやすいですか?
[PR]

by liddell423 | 2007-04-28 13:29 | TV

アニメー精霊の守り人

BSNHKで放送直前の「精霊の守り人」の特集がありました。
3時間!
サービス良いねぇ。
それだけ視聴率を狙ってるってコトでしょうか。

アニメを作る現場の紹介から、監督:神山さんの「甲殻機動隊」の放映、先日のトークショーの紹介、おまけに先行放送まであって、ちょっとサービスしすぎじゃない?

シリーズの内、半分くらいオリジナルストーリーになる・・・というのは不安ですが、新しい「守人」の世界にも興味あります。
サグとナユグが重なるカンジをどう表現するのかとか。

今日、原作最終章2巻目を読みました。
スケールの大きい話になりましたが、終わりが楽しみです。
リクエストはたしか27番目。
ちょっと待たなきゃいけないかな。
[PR]

by liddell423 | 2007-03-26 23:20 | TV

ハゲタカ

wowowドラマの「チルドレン」以来、大森南朋さんにはまってます。
なので、NHKの「ハゲタカ」も当然チェックしていたんですが、土曜日の夜なんて、私にチャンネル権があろうはずもなく・・・。
録画する程でもないかなぁ・・・、なんて思ってましたが、このキャスティング!
しまった!1回目から撮っときゃ良かった。

お話は、バブル崩壊後、日本を食い荒らす外資系ファンドの代表、鷲津(大森)がクールにドライに企業買収を仕掛けていくもの。
でも、その姿には裏があったりして、最後は「鷲津さん、カッコイイ!!」に。

NHKだもん、再放送してくれるよねぇ。
とりあえず、原作は読んでみたい。
[PR]

by liddell423 | 2007-03-25 23:10 | TV

百歳の記念写真

朝、母から電話。
祖母とテレビに出るという。
今年、百歳を迎える祖母。
百歳の顔を撮り続けている写真家さんから、撮影依頼があったのは聴いていたけど、テレビは初耳。


夜、録画しておいたものを子どもたちと見る。
後半はほとんど祖母と母がメインで、母のことは
「食事の世話から入浴、排便の世話までを1人でこなす嫁」
ちょっと番組用によく言いすぎのところもあるけど、
「頑張ってるご褒美だね」
と、母に言うと
「誰かにもそう言われたよ」
と、嬉しそうだった。

10年前までは、マサトに「箸の持ち方が悪い!!」
と、説教していた祖母は、このところめっきりしぼんでしまった。
母も余り状態の良くない祖母を写真に残すのには、抵抗があったらしい。
去年の12月の誕生日の時と比べても、食欲が落ちたせいでやせ細っているし、表情も出なくなっている。
でも、「おばあちゃんが生きた記念だから」と、撮してもらうことを決めたらしい。

テレビを見て、祖母の実家や友人たちから電話があったようだ。
元気でいる(寝たきりじゃないからね)祖母を見てもらえたことと、やはりこの放送は母のために良かったと思った。
[PR]

by liddell423 | 2006-09-19 23:54 | TV

チルドレン

wowowのドラマ。
「陽気なギャングが地球を回す」と同じ、伊坂幸太郎の原作だったので見てみた。

映画と同様
「そんなに上手くはいかないでしょう」
なストーリーだけど、キャラクターが魅力的なんだね。
坂口憲二の行動を見て、
「いやー!!こんなひと!」
といってたけど・・・。(キレイ好きだったの)

家庭裁判所の調査官、武藤と先輩の陣内のお話。
真面目で、子どもたちにだまされてばかりの武藤。
型破りでいいかげん(にみえる)陣内。
こんな人がなんで?と思う武藤に、上司は
「彼ほどこの仕事に向いてる人間はいないよ。でも、君が彼のやり方を真似してもダメだよ。」
と言う。

「大人がカッコ良ければ、子どもは悪くならない」
ふーん。
ワタシもそういう考え方ですな。

無性に原作が読みたくなって探したけど、本屋にはなかった。
図書館はこないだ行った時はなかったし。
買うほどじゃないけど、讀みたい。
[PR]

by liddell423 | 2006-06-07 08:49 | TV