カテゴリ:music( 35 )

ワンダーソング/S.R.S


新曲出ました。
CMで使われてます。
[PR]

by liddell423 | 2009-09-13 14:05 | music

25コ目の染色体


meguちゃんに紹介してもらって以来、RADWIMPSにハマってます。
パパと喧嘩して(つうか、勝手にいじけて)ネガティブな日々を、癒してもらってます。
洋次郎クンの詩は、若くて素直でかわいい。
真面目な愛の歌と真面目な哲学と、ふざけた言葉遊びのバランスが好き。
曲としては「愛し(かなし・・・と読む)」が好きですが、詩だけ見るとmeguちゃんお薦めの「25コ目の染色体」は良いです。
「関白宣言」のように彼女が死ぬ前に自分が死にたいーという歌詞ですが、洋次郎バージョンはココまで甘甘になります。
tomのハッピー運とラッキー運も遺伝子にのっけたかったです。

25コ目の染色体 歌詞
[PR]

by liddell423 | 2009-06-30 21:37 | music

S.R.S/Sometimes

f0089775_21553012.jpg

「重力ピエロ」の主題歌。
19歳の高専生4人組。
日本語の歌詞、BCと英語のAD。
そして間に「She is coming home」という、意味深だけどキュートな歌。
ちゃんとストーリーになってるのかな。

メロディ・ラインはどこか懐かしい感じなんだけど、言葉は若者らしく、青くて初々しい。
ボーカル山口くんの少しハスキーな声が好き。


S.R.S(Sleeping Rag Seep)

2005年、北九州高専でいっしょになったメンバーで結成。
西小倉のwowや門司の赤煉瓦館でもliveをやってたらしい。
メンバーは
山口卓也(Vo,G)
向尾荒野(G)
上松幸平(B)
畑中拓也(Dr)
[PR]

by liddell423 | 2009-06-05 21:55 | music

S.R.S LIVE

リバーウォークでライブがあります。

■日時:6月13日(土)14:00〜
■場所:1Fミスティックコート

北九州に住む10代の男子4人によるギターロックバンド。
デビューMaxiシングル「Sometimes」が、映画「重力ピエロ」の主題歌に起用された注目アーティスト。
[PR]

by liddell423 | 2009-06-05 19:07 | music

salyu/MERKMAL

f0089775_8185958.jpg

「リリィ・シュシュのすべて」を観たときから気になってた人でした。
先日、「目覚まし~」で紹介されてて、その前にも雑誌に伊藤あゆみさんとの対談が載ってて、聴かなくちゃ!と。

女性ボーカリストは好きです。
でも、coccoだったりUAだったりアニー・レノックスだったり、みんなが聴く人じゃなくて。
salyuも良かったです。
どこがツボなんでしょ。
音のとり方とかでしょうか。
上手いのはもちろんなんですけど。
「声」かなぁ。

このアルバムはベストなので、それぞれの曲の完成度も高いんでしょうか。
どの曲も良いなぁと思いました。
中でも「飽和」と「グライド」が好き、と思ったら「リリィ~」の曲でした。
「VALON-1」とか「to U」も好き。

以下、wikiからお借りしました。

プラットホーム
2006年発表の8枚目のシングル曲。本作発売時点で、シングル作品としては最大の売上を記録している。
彗星
2005年発表の4枚目のシングル曲。
Tower
2006年発表の6枚目のシングル曲。作詞に初めて一青窈を迎えて制作された。
VALON-1
2004年発表のソロデビューシングル曲。
name
2006年発表の7枚目のシングル曲。
飽和
Lily Chou-Chouとして2000年に発表したデビューシングル「グライド」のカップリング収録曲。Salyu名義では初の音源化となる。
landmark
2005年発表の1枚目のアルバム『landmark』収録曲。
夜の海 遠い出会いに
2006年発表の8枚目のシングル「プラットホーム」のカップリング収録曲。
Dramatic Irony
2005年発表の1枚目のアルバム『landmark』収録曲。自身初のCMソングとして起用された。
I BELIEVE
2007年発表の2枚目のアルバム『TERMINAL』収録曲。自身が単独で作詞を手掛けた。
風に乗る船
2005年発表の5枚目のシングル曲。
トビラ
2007年発表の2枚目のアルバム『TERMINAL』収録曲。
to U (Salyu verion)
Bank Band with Salyuとして2006年に発表した楽曲「to U」の単独歌唱バージョンで、2007年発表の2枚目のアルバム『TERMINAL』収録曲。曲名表記はアルバム『TERMINAL』と異なるが音源自体は同一のものである。
グライド
Lily Chou-Chouとして2000年に発表したデビューシングル。「飽和」同様、Salyu名義では初の音源化となる。
[PR]

by liddell423 | 2009-04-07 08:18 | music

サーフ ブンガグ カマクラ/ASIAN KUNG-FU GENERATION

f0089775_8171161.jpg


湘南のスタジオで一気に録音され、江ノ電の各駅をモチーフとした、短編小説集的アルバム。アジカン史上最もリラックスしたコンセプトで制作されたゆえの、ポップで瑞々しい楽曲群。シンプルだからこそ浮かび上がる楽曲の素晴らしさが、バンドの底力を提示している。

1. 藤沢ルーザー
2. 鵠沼サーフ
3. 江ノ島エスカー
4. 腰越クライベイビー
5. 七里ヶ浜スカイウォーク
6. 稲村ヶ崎ジェーン
7. 極楽寺ハートブレイク
8. 長谷サンズ
9. 由比ヶ浜カイト
10. 鎌倉グッドバイ

有川浩の「阪急電車」音楽版でしょうか。
ゴッチは有川作品を知ってるんでしょうか。
軽くて聴きやすいです。


鵠沼サーフ 好きです。
稲村ヶ崎ジェーン歩きながら聴いてると、歩き方きっと変だと思います。
腰越クライベイビーも好き。

良く聴くとどれも失恋ソング。
かなし。
[PR]

by liddell423 | 2009-04-07 08:17 | music

flumpool


今はまってます。
イケメン4人組バンド「flumpool」です。
(ひとりはイケメンとは呼べませんが、かわいそうなので)
ブラッディ・マンディの主題歌「ひかりの橋」良いです。
でも、lismoのCMの「花になれ」も好きです。
「labo」も「絶対彼氏」みたいで良かったです。
[PR]

by liddell423 | 2008-11-22 21:17 | music

honey/chara

nayoに貸してもらった。

01 Sumire
02 TROPHY
03 ラブラドール
04 Cherry Cherry
05 愛を憶える
06 マーマレード
07 ボクのことを知って
08 青いかけら
09 そして、僕が届かない
10 甘い、辛い
11 泣きだしそう。
12 MAHA
13 call me

nayoの好きな「ラブラドール」「ボクのことを知って」好きです。
あとは「そして、僕が届かない」「甘い、辛い」「call me」が好き。

ずっと以前にcharaのアルバムを聴いた時は、甘過ぎて「もういいかな」と思ったのに。
タイミングがあるんだなぁと思う。
[PR]

by liddell423 | 2008-08-02 07:20 | music

ゼーレトリオ

f0089775_2327121.jpg

コンサートは無事に終わりました。
お客まさにも一応満足していただけたのでは?と思います。

後藤くん、田村くん、金野さんの「鳥の歌」にはうっとりしてしまいました。
後藤くんのプレリュードもすてきでした。

ゼーレトリオのステージですが、田村くんは幸せだから(?)か音も演奏も深くなったなぁと思うんですが、瀧口くんは
「どうしたのかなぁ?」
なのです。
ワタシの耳には音が不安定に聴こえます。
うーーーん、です。
彼らの得意なはずの「チャルダッシュ」も、うーーーんでした。
「ブエノスアイレスの夏」もチグハグなカンジがしたし。
「私のお気に入り」は良かったけど。
でも、アンコールの「リベルタンゴ」はすごく良かった。
ゼーレトリオは楽しんで演奏するのが良いからかな。
「リベルタンゴ」は聴いててドキドキしました。
腰くだけそうでした。
彼らの退場とともに拍手が止んでしまって、
「うそ!アンコールはいらないの??!!」
と、ちょっとあせりましたが、出て来てくれて良かったv

「おこりじぞう」は迫力でした。
エレクトーンってすごい。
金野さんの語りも力があって、うるっと来てしまった。
「言葉」の力はやっぱりすごいです。

一仕事終えた気分で、録画した「シバトラ」を見ながら、頂き物のちくわでビール飲んでます。
田村くんのアップも撮っておくんだったと思いながら。
今回、思い切って
「写真撮って良いですか?」
とお願いしましたが、焦ってしまって完全にぶれてます。
ここにアップしたのは加工してますが、その必要もないくらいブレブレです。
あー、情けないっ!
[PR]

by liddell423 | 2008-07-29 23:27 | music

プレゼント

f0089775_17485780.jpg

nayoとsachikoからは「ヒトセク」のサントラをもらった。
多分、自分では買わないCD。
プレゼントされると、何だか特別な気持ちで聴くし、これもまた出会いだと思う。

歌詞が付いているのは、「ANGEL」と「MY LIFE」「いかれたBaby」だけだし、あとはまったりとした曲が続く。
でも、ピアノとヴァイオリンとハーモニカで奏でられる曲は、愛おしくてあったかい。
この音楽を作ったのは元FISHMANSのHAKASE-SAN。
ワタシがFISHMANSを知ったのは、高山なおみさんのブログだけど、知る人ぞ知るグループで、この辺ではレンタルされてなくて、いったいどんな曲なんだろうと思ってた。
それをこんな形で聴くことが出来るなんて。
そう。
「MY LIFE」はFISHMANSの曲なの。
なんだか、この繋がりが嬉しくて、そしたら何気なく読み返した大森南朋さんのブログで、南朋さんがFISHMANSのドキュメンタリー映画に参加してることがわかった。
ふふ。。
好きなものって繋がるんだ。
[PR]

by liddell423 | 2008-04-28 17:48 | music