大統領特赦/ジョン・グリシャム

グリシャムのわりと新しいのが文庫で置いてあったので借りてきた。
仕事始めてから、グリシャムやキングなんかには手を出さないようにしてきたけど。
(終わらないのよ。長いんだもの。)

今回の主人公は7年間を独房で過ごした、元辣腕ロビイスト。
特赦を与えられて外に出られるものの、命を狙われているため自由には出来ない。
イタリアに送られイタリア語を勉強させられ、監視されている。

でも、彼の特赦には裏があって、短い自由を与えられた後、狩られることになるのだ。

相変わらず「狩り」に入るまでが長い。
でも、我慢して読まないとその後が面白くないのよね。
一生懸命読みました。

ドキドキハラハラさせて頂きました。
なんかね。
親子愛とかもあってちょっとジーンときた。

これも映画にすると面白そう。
[PR]

by liddell423 | 2008-11-17 23:24 | books