塩の街/有川浩

f0089775_7493328.jpg

有川サン、デビュー作。
で、自衛隊シリーズの「陸」になるのかな。
主役はパイロットだから「空自」なんだけど。

お話は、宇宙から突然塩の固まりみたいなのが世界各地に落ちてきて、人が次々に「塩」と化してく。
原因も分からなければ治療法もない。
そんな世界の終焉みたいなときに出会った二人の恋物語。
そしてお互いを守りたい!って気持ちは世界を救うのだ。

やっぱりワタシは「図書館シリーズ」より「自衛隊シリーズ」の方が好き。
なぜって、登場人物が格好いいからでしょう。

「塩の街」は元々文庫で出ていて、ワタシが読んだのはハードカバー。
文庫と少し内容も変わっているらしいし、後半は書き下ろしの「塩の街その後」が入っている。
[PR]

by liddell423 | 2008-09-28 07:49 | books