THE DARK KNIGHT/ダークナイト

f0089775_18211054.jpg

<監督/原案/脚本/制作>クリストファー・ノーラン<出演>クリスチャン・ベール/ヒース・レジャー/アーロン・エッカート/ゲイリー・オールドマン/マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン/マギー・ギレンホール

大好きなヒース・レジャーの遺作になったこの映画は、絶対観る!って決めていた。
行って良かった。
久しぶりに見応えのある、ラストに不満の残らないハリウッド映画だった。

ヒース演じるジョーカーの悪人っぷりはハンパない。
ナイフを持って脅すシーンでは怖くて目を背けてしまった。
幼少時の記憶とか辛い過去とか、何の説明もない純粋な悪。
ヴォルデモートもこのくらい純粋に悪人にすれば良かったのにね。

アーロン・エッカートが闇に落ちるのも説得力あった。
光でいる時が強いほど、闇に落ちるのも一瞬だと思う。
ツーフェイスの顔も怖かったなぁ。
どうやって作ってるんだろ。

レイチェルもマギーの方が合ってると思う。
(個人的にもマギー・ギレンホールの方が好き)
前作は好きになれなかったけど今回は大好き。
役者さんも好きな人ばっかりだし。
嫌いなのは主役のクリスチャン・ベールなのよね。
どうしても良い人に見えない。

マイケル・ケインやモーガン・フリーマンは渋くてかっこいいし、ゲイリー・オールドマンを良い人で使ってくれてるのが嬉しい。

音楽や音の使い方も良かった。
音の高まり具合でクライマックスが予測できたり、メインテーマみたいなのがないのも良いなと思う。
衣装もかっこいい。

人は簡単に悪に染まるけど、それでも人の善意を信じられるような映画だった。
「DARK KNIGHT」の意味がわかった。
[PR]

by liddell423 | 2008-08-17 18:21 | movies