初めてのひとり福岡

f0089775_7472459.jpgこの年になって、初めて福岡にひとりで行ってきました。

何せ、すっごい方向音痴なので、福岡に行くときは、必ず誰かが付いてきてくれてたんですね。
でも、今回は小さな展示会だし。
直前まで、nayoを誘おうかとか、行くの止めようかとか思ってましたが、kさんに
「良かったですよ。」
のだめ押しメールを頂き、頑張って行ってきました。

行きのソニック。
真剣に本を読んだのが悪かったのか、酔ってしまい、気分は最悪。
でも、入り口は間違えたものの、ちゃんと地下鉄にも乗れました。
方向さえ間違えなければ、ちゃんと天神には連れて行ってくれます。
さて、ここからが問題。
たくさんある出口の中で、丸善のある「福岡ビル」に通じているのはどれなんでしょう?
だって15くらいあるんだよ。
一度目は違う「福岡ビル」に出てしまい、ナンか違うぞとまた地下へ。
地図を見て、住所をたどって、
「見つけた!福岡ビル!」

丸善での展示は、あいにく小規模で、「ルリユール」のみ。
見たかった「にいさん」の原画を見ることは出来なかったし、欲しかった図録も売り切れでした。
でも、物足りなさを抱え隣へ行くと古書展を開催中で、そこで出会いが。
ユニクロTシャツで虜になった「バスキア」の画集を発見!
厚さが10センチくらいある見応え十分の画集で、ウォーホルやヘリングとのツーショット写真もありました。
でも、ドレッドのバスキアの写真が一番カッコイイ!
高くて買えないし、図書館にはないだろうから、キセキの出会いです。
福岡来て良かったv
それと、「喜多良男」の中で使われていた「クリスティーナの世界」も発見しました。
精密な絵と写真がたくさんあって、独特の世界だった。
でも、表紙を見る限り、若くてきれいそうなクリスティーナは、太ったオバサンでした。
意外でした。

迷子になるのが怖いので、他は寄らずに帰宅。
次回はもうチョット頑張ってみようかなぁ。
[PR]

by liddell423 | 2008-05-25 23:47 | days