生まれる森

f0089775_7582196.jpg

大学の夏休み、実家へ帰る友人から部屋を借りた野田は、一夏の一人暮らしを始める。
野田は高校の時「誰の子かわからない」子どもを中絶していた。
その時、仲良くなったキクコにキャンプに誘われたことから、キクコの家族とも仲良くなっていく。

野田が付き合っていたサイトウさんは、付き合っていても幸せになれない相手。
「ナラタージュ」の後に読んだので、何だか似てるなぁと思った。
雪生さんと上手くいきそうなので良かった。

野田が読んでいた、ハイラインの「夏への扉」はワタシも好きv

島本さんの小説の主人公が好きな本とか映画とかは、すごく古いものだったりマニアックだったりする。
自分が投影されているのだとすれば、さぞかし同年代の子の中でういていただろうと思う。
主人公のように。


この本の表紙はミヒャエル・ゾーヴァ。
[PR]

by liddell423 | 2008-05-08 07:58 | books