蜷川妄想劇場

雑誌「MORE」で連載されていたのが単行本化。
nayoに見せてもらった。

ただいま一線で活躍中の男子の写真集。
うっとりドキドキもの。
持ち帰ったら最後、返却不可能になりそうだったので、会社で閲覧。
若い子たちと、誰が好きとかカッコイイとか、大騒ぎしながら見る。

並み居る若手を置いて、大森南朋さんがやっぱり一番カッコイイ!と感じてしまうのは、ワタシとnayoだけ?
もちろん、松ケンも松田龍平もナリもカッコイイよ。
でも、ワタシにとってはまだ「可愛い」の域。
南朋さんは(この写真集では)一番渋くて格好良かった。
映画で見たときはごつくて好きでなかった手も、実花さんの写真の中ではセクシーに写っていた。
最後のコメントを読むと、実花さん「ヴァイブレータ」の南朋さんに惚れたらしい。
やっぱり。。。

松ケンのテーマは「青年将校の憂鬱」
藍の軍服が似合ってた。(ブルーってカンジじゃない)
松田龍平は打ち掛けを羽織っていた。
に、似合う・・・。
ナリはやっぱ美しい。
深紅の薔薇に負けてない男ってすごい!

実花さんの写真は「極彩色」ってイメージがあったけど、この本は単行本だし、ちょっとぼやーってした画像。

さーて、今度は動いてる松ケンを見るかな。
「ドルフィン・ブルー」と「夢十夜」のDVDが待機中。

こちらは蜷川実花さんのHP→NINAGAWA MIKA
[PR]

by liddell423 | 2008-04-15 19:01 | art