墓参り

f0089775_1742485.jpg

お彼岸なので妹と墓掃除に行ってきました。
実家の墓は、山の中にあるので、「墓参り」というよりは「墓掃除」
バケツと花のみならず、鎌に熊手、枝切りばさみまで持って行きました。
前日、雨が降っていたので
「絶対汚れるから!」
と、妹は長靴・ジャージで行きましたが、ジャージはともかく長靴は不要でしたね。
昔はやたら遠かった道のりも、たいしたことなかったし。

とはいえ、道無き道を行くような場所なので、父が亡くなった今、掃除に行けんやろ・・・
という事になり、墓も処分を考えてます。
(納骨堂があるので、墓の中身はすでに移動している)
でも、関門海峡が一望できるこの場所は、父にとっては良い場所でしょうね。
まあ、墓にいるわけじゃないけど。

墓石をゴム手袋で洗っていた妹が
「ねえちゃん、墓石撫でとかんで良かった?」
って、言ったけど、「入れ物」だしねぇ・・・。

そういえば、葬儀のとき、柩のふたを閉める前
「最後に触っておかなくて良いですか?」
と言われて、父の顔に触れたらすごく冷たくて、ショックでした。
ものすごく悲しくて泣いたら、パパじゃなくてミユが支えてくれました。
あの時も
「この身体は入れ物なんだなぁ」
と思いました。

モモがよくあらぬところを見ておしゃべりしているので
「モモ、じいちゃん来とる?」
って、聞くんだけど、やっぱりその辺にいるんじゃないかと思います。
(仏教では四十九日までは地上にいるんだけど)
天道さんの言葉じゃないけど(ゴメンネ、ライダーネタで)
「そばにいないときはもっとそばに(心に)」いるような気がします。
[PR]

by liddell423 | 2008-03-20 23:04 | days