ロス・タイム・ライフ

死ぬ直前、人生のロス・タイムを消化させてもらえる。

第1話は瑛太で「カメラマン編」
笛と身振りだけの審判団が、ずっと付いてくるのは面白かった。
ストーリーは読める展開だったけど、娘の初作品が笑顔の「パパ」なのは良いなぁ。
ちょっとうるっとしてしまったよ。

エンディングは久しぶりの「ORANGE RANGE」
今回はバラードです。
なかなか良いです。

第1話の主人公が「中山」で、第2話が「都並」。
第3話は「三浦」?
[PR]

by liddell423 | 2008-02-04 17:52 | TV