金曜日の砂糖ちゃん

f0089775_69532.jpgこれは子どもの絵本と言うより「アート」って感じ。

帯に江國香織さんの推薦文が載ってました。
ーいまたしかに息をしているということ。
チョウチョやカラスとおなじようにひそやかに、
でも止むことなく、息をしているということ。
酒井駒子さんの絵は、いつもそれを思い出させてくれる。


ワタシは逆に「死の予感」を感じるんだけど。
「ひそやかに息をしている」
そうかもしれない。

金曜日の砂糖ちゃんって呼ばれる、女の子のお話と、寂しいことがあって寄り道した少年のお話と、夜中に目を覚ました女の子のお話。
最後の話は竹宮恵子のショートに、似たようなのがあった。

柔らかいきれいな絵でとても好き。
[PR]

by liddell423 | 2007-06-02 23:58 | books