ブラティスラヴァ絵本原画展

f0089775_671465.jpg午前中、ミユの文化祭を覗いて、午後からはリバーウォークへ行ってきました。

先日、膨大な量のミュシャを観た後なので、量的にはちょっともの足りませんでした。
最新の絵本作家の作品や、チェコの古い絵本を見れたのは勉強になりました。

2005年のブラティスラヴァ世界絵本原画展では、日本の酒井駒子さんが金牌賞を受賞していました。
大好きな画家さんなので嬉しいです。
(前に会ったし、サインもらったし♪)
あとは応募作が展示されてました。
亡くなった長新太さんの原画や降矢ななさんの「ともだちや」シリーズもありました。
印刷技術も進歩していて、絵本でもきれいな色ですが、それでも原画は良いです。

絵本コーナーで実物の絵本を見ることが出来るのは、良いなぁと思います。
子ども連れが何件か見ていましたが、子どもいないのにとりあえず全部チェックしました。
販売コーナーにはチェコの本はなかったと思う。
酒井さんのはいっぱいあった。
でも、外国の本はまだ翻訳されていないので、ストーリーはわかりませんでした。

かなりゆっくり見て回りましたが、それでも1時間半くらい。

そのあと、友人の展示会に行きました。
ほんと、こつこつ小さな作業をやっていて、感心します。
ビーズは、賞を取ったのがまだ戻ってなかったらしいんですが、昨日ちょうど戻ってきていて、見ることが出来ました。
すごい・・・!!
です。
5日までですが、美術館と同じフロアなので、是非覗いてください。
[PR]

by liddell423 | 2007-06-02 23:07 | art