アンジェラ

f0089775_21195619.jpg<監督>リュック・ベッソン<出演>ジャメル・ドゥブーズ/リー・ラスムッセン

アンドレ(ドゥブーズ)は成功を夢見てアメリカからパリにやってきたが、借金を抱え、取り立てにおびえ、橋の上から飛び下りようとする。
その時、となりで金髪美女が先に河に飛び込み、アンドレは思わず助けてしまう。

これはリュック・ベッソン版のファンタジー。
こんな金髪美女がただの人間であろうはずもない。

アンドレの情けなさには腹が立ちますが、その情けなさで、最後までアンジェラにすがるから、「好きにしたら?」って感じ。
でも、アンジェラがアンドレの内面の良さを知っているように、アンドレもアンジェラの中の哀しさを見つけてしまうから、こういうラストでオッケーかな。

全編モノクロの映像がかっこいいです。
ニケ像に重なるアンジェラのシルエットとかも良い。
そして翼が開くとこなんか、すっごいきれいです。

アンジェラ役のリー・ラスムッセンはもちろんモデルさんですが、アンドレはコメディ俳優さんなんだって。
「アメリ」にも出てるみたいです。
映画のあいだずっと、コートのポケットに右手を入れていて、すごく気になって調べたら、列車事故で右手を失っているらしいです。
ポケットに手を入れたままなのが、トレードマークでもあるらしいけど。

最近の男の人はゴージャスな彼女に
「しっかりしろ!」
って言って欲しいんだな・・・と思いました。
[PR]

by liddell423 | 2007-04-23 21:21 | movies