DREAMGIRLS

f0089775_7383264.jpg
<監督>ビル・コンドン<出演>ジェイミー・フォックス/エディー・マーフィ/ビヨンセ・ノウルズ/ジェニファー・ハドソン

めっちゃHOTでパワフルな映画でした。
前半、じっと座って観てるのが苦痛でした。
だって、リズムとっちゃうでしょ?!

ジェニファー・ハドソンは賞取るのなっとく!の歌声と表現力。
"And I Am Telling You I'm Not Going"なんて泣くよ!絶対。
彼女が主役のような映画でしたが、ビヨンセの変わりッぷりを見ると、前半は抑えてて、後半はさすが!のオーラを放っててビヨンセも負けてない。
だって、最初と最後の顔なんて全然違うもの。
年代ごとのカツラや衣装も必見!

J・フォックスとE・マーフィの歌も良かった。
エディ・マーフィの歌なんてまじめなのは聴いた事なかったけど、上手いわぁ~。
さすが!エンターティナーって感じ。
でも、J・フォックスの歌声の方が色っぽいのだ。
歌手の役じゃないからあんま歌わないけどね。

これはもう一回みたい映画。
劇場がお勧め!
[PR]

by liddell423 | 2007-03-08 07:38 | movies