かまわぬの手ぬぐい使い方手帖

f0089775_7413954.jpg<出版社>河出書房新社

手ぬぐい専門店「かまわぬ」が、手ぬぐいの使い方を紹介した本。
お祭りの時の「豆絞り」くらいしか知らなかったけど、種類の多さにビックリ!!
それも、今風のではなくて、昔からの柄の多いこと!
柄にもそれぞれ意味があるのも、初めて知りました。

この本を見つけたキッカケは、sinoの手ぬぐい好きに影響を受けていることと、ル・グウィンの新刊の間に入っていた、河出書房の本のちらし。
図書館で検索かけてみたらあったので、予約しました。

この本にもいろいろと手作りの物が載っていて、ナカナカ楽しそう。
いかん、いかん。
またいらぬ出費をしてしまいそう・・・。

本の中に「あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま」(イ・ヨンギョ著/福音館書店)という絵本が紹介されていました。
これは韓国のお話なんだけど、ちょっと「くつやのこびと」的でかわいいです。
絵の細かいトコにも注目!

f0089775_8195535.jpg「株式会社 かまわぬ」
手ぬぐいの専門店として1987年8月代官山に開店。
1990年会社設立。
現在では約300種の手ぬぐいをとりそろえ、さまざまな使い方を提案しながら販売している。
「かまわぬ」は「特別に何のお構いもできませんが気軽にお立ち寄り下さい」という意味が込められている。

HPかまわぬ
[PR]

by liddell423 | 2006-10-13 07:41 | books