塾の面談

ナツがようやく行き始めた塾の先生との面談。
「ナツ、塾長の名前何?」
えー!?
友だちの友だちのご主人だった。

生活態度は悪くないけど、成績はイマイチのナツ。
どういうふうに思われてるんだろう・・・と思いながら塾へ。

学習態度も成績も一応褒めていただいた。
ナツが行きたいと言っている高校は、ワタシが思っていたよりランクが高く、ここに確実に合格するにはもう少し頑張った方が良いみたい。
「大丈夫だと思いますよ」
と、言っていただいたけど、実は親ばかなワタシの方が大丈夫だと思っている。
負けず嫌いで頑張り屋だし、言われたことはきちんとするので、後は自主的にもう少し勉強してくれればなんとかなるんじゃないかなぁ・・・。

受験生の母が続いてるけど、勉強するのは子どもたちで、その結果が帰ってくるのも彼らに返るわけだから、親は見守るだけ。
ワタシは一度しかない15歳の日々に、勉強だけって思い出は作って欲しくないから、友だちと遊ぶのも映画も後輩の応援も「きちんと勉強の時間は作ること」を条件に自由にさせている。
この甘甘な母のせいで、マサトは第一志望の大学に入れなかったのかもしれないけど。

いろいろ経験してかっこいい大人になってくれればいいなぁ。
[PR]

by liddell423 | 2006-09-21 23:29 | days