百歳の記念写真

朝、母から電話。
祖母とテレビに出るという。
今年、百歳を迎える祖母。
百歳の顔を撮り続けている写真家さんから、撮影依頼があったのは聴いていたけど、テレビは初耳。


夜、録画しておいたものを子どもたちと見る。
後半はほとんど祖母と母がメインで、母のことは
「食事の世話から入浴、排便の世話までを1人でこなす嫁」
ちょっと番組用によく言いすぎのところもあるけど、
「頑張ってるご褒美だね」
と、母に言うと
「誰かにもそう言われたよ」
と、嬉しそうだった。

10年前までは、マサトに「箸の持ち方が悪い!!」
と、説教していた祖母は、このところめっきりしぼんでしまった。
母も余り状態の良くない祖母を写真に残すのには、抵抗があったらしい。
去年の12月の誕生日の時と比べても、食欲が落ちたせいでやせ細っているし、表情も出なくなっている。
でも、「おばあちゃんが生きた記念だから」と、撮してもらうことを決めたらしい。

テレビを見て、祖母の実家や友人たちから電話があったようだ。
元気でいる(寝たきりじゃないからね)祖母を見てもらえたことと、やはりこの放送は母のために良かったと思った。
[PR]

by liddell423 | 2006-09-19 23:54 | TV