finding Neverland/ネバーランド

<監督>マーク・フォースター<出演>ジョニー・デップ/ケイト・ウィンスレット/ジュリー・クリスティ/ダスティン・ホフマン

あの名作『ピーターパン』が出来るまでのお話。
事実から生まれた物語ーということで、どこまでが本当かはわかりませんが。

劇作家のジェームス・バリは新作が失敗に終わり、押さえている劇場や俳優のために、早急に新しいものを書かなければならなかった。
行き詰まり公園に出掛けたジェームスは、そこで四人の男の子と母親に会う。
子どもたちとの空想の遊びを楽しむジェームス。
しかし、ピーターだけはかなかな加わろうとしなかった。
彼は父親の死以来、子どもらしさを失っていた。
ジェームスと毎日の中でピーターは元気を取り戻す。
ジェームスはピーターたちを主人公にした話を書き始める。

ジョニー・デップがきれい、イギリスの公園がきれい。

父を失い、母の病を知った長男の態度に、ジェームスが
「30秒で君は大人になった。少年は消えてしまった」
と言うところが切ない。

ジェームスと奥さんの関係を見て、パパとの関係を思い出してしまった。
それぞれの世界を尊重しすぎて、相手を見失わないようにしよう。
[PR]

by liddell423 | 2006-05-03 23:40 | movies