In Situ(イン・サイチュ)/その場で

北九州市立美術館に行ってきました。
今回はCCA。
ポスターもうちで印刷したし、いつもよくわかんない冊子を作ってるし、どんなんかなぁと。

入ってすぐの入り口には暗幕がしてあって
「ここに入っていいの?」
中では左右の壁に映像が映し出してあって「?」
でも、どんどん変わっていくのでとりあえず観る。
「いつ終わるんだろ?」
って思ってたら、学芸員さんがお客さんを引き連れてやって来たので
「ラッキー♪」
とばかり一緒に回る。

最初の部屋の映像は1997年から現在までのプロジェクトの概観を映したもの。
全部観たら一時間以上かかるらしい。
次の部屋はジョーン・ジョナスの「二匹の月のうさぎ」
ジョーン・ジョナスさんは、日本で知った月のウサギのお話がアステカの伝承と似ていることから、ふたつの物語のイメージをふたつのスクリーンで見せていた。
隣で聴こえていた朗読とベルの音はここからだった。
そして、あとからジョーン・ジョナスさんが女性だということを知る。
次の部屋は「レイアウト」
レイアウトを立体に。
次も映像。
「北九州の馬跳び」
キム・スージャさんの「お針子」
雑踏の中、ひとり動かない彼女と、平尾台の岩の上に横たわる彼女。
雑踏は他の都市のバージョンもあるそうで、それも観てみたい。
次も映像でふたりによる作品。
「決められないゴール」
日本の憲法9条がテーマ。
武力を放棄することは素晴らしくて理想だけど、今日本はその変革を求められている。
どっちが何が正しいかはわからないけど、それについて考えようという提案だそう。
最後の部屋はク・ジョンアさん。
真っ暗な中小さな照明がひとつだけ点いている。
満月の明かりを模しているらしい。
その空間が作品。

部屋を出た壁にはアーティストたちの写真。
インタビュー映像もみっつ。
スロープにも冊子とDMが展示されている。
見覚えのあるものがたくさんあって、ここが一番うれしかったかも。
[PR]

by liddell423 | 2013-01-27 22:38 | art