サイボーグ009/009 RE:CYBORG



ワタシたちが子どもの頃のヒーローが新しくなって帰ってくる。
脚本や監督は「守人シリーズ」や「東のエデン」のアニメーションを作った神山健治。
「守人」の時はロンゲだった気がするけど、短髪に革ジャンでワイルドにイメチェンしてましたね。

知らずに観に行ったんですけど、ストーリーは全く新しいわけではなく、石森章太郎が描ききれなかった「天使編」を神山解釈で作っているんですね。
すごいなぁ。
チャレンジャーだと思いました。
羽の生えたイケメンを登場させないところも。

この世界が、事件や自然災害やでどんどん悪くなってる気がするのを「天使」(神なのかな)警告とするのは、そうかーとも思わせるんですけど、「自己犠牲」のまま終わらせないのは何だかなぁ・・・と思いました。
Happy endが好きですけど。

ともあれ。。。
音や映像はさすがです。
美しいしカッコいい。
石森氏の描く009はもちろん好きですが、re009はカッコいい。
まあ、reではみんなカッコ良くなってるんですけどね。

原作ものを映画にするのと同じで、これは「神山009」。
別物と思ってみれば、カッコ良くてすごく良い映画です。
[PR]

by liddell423 | 2012-11-18 15:11 | movies