PK/伊坂幸太郎

f0089775_2352177.jpg「PK」ってのはペナルティキックのことです。
PsychoKinesis(サイコキネシス)のことではありませんでした。
長編でもなくて中編の三部作。
総てが繋がっているような、それもパラレルワールドとして。

時系列が入れ乱れてるし、視点も入り乱れてるし、しかもパラレルっぽく微妙に違ってたりするもんだから、ものすごくわかりにくかった。
前の話を読み返して確認したり、でも、名前とか違ってて「?」だったり。
秘書官の年齢がよくわかんないし・・・。

最初の「PK」では、大臣がどうやら信念を曲げなきゃいけないことをもっと力のある人から言われているようで。
その大臣はワールドカップの予選の時、それまで調子が悪かった選手がPKを決められた理由を秘書官に調べさせる。
小説家も編集者と謎の人物から、今書いている小説の微妙な変更を求められる。
[PR]

by liddell423 | 2012-10-14 23:53 | books