3652/伊坂幸太郎

新潮社から出版された、伊坂幸太郎10年分のエッセイ集。
なのでサブタイトルは「a decade」

好きな作家さんと同じ映画が好きだったり、同じバンドを聴いていたりするとうれしい。

例えば、黒沢清監督が好きで、「アカルイミライ」が傑作だと思っていたり。
だから、あのクールな空き巣で探偵の名前が「黒澤」だったり。
「アカルイミライ」のエンディングで、高校生グループがゲバラTシャツを着ているいてることを書いていたり。(その高校生の先頭は松ケンです。)
「狂っちゃいないぜ」(ジョン・キューザック、ビリー・ボブ・ソーントン、アンジェリーナ・ジョリー出演の空港管制官の映画。この映画での共演がきっかけでビリーとアンジーは結婚。ずいぶん昔のことになりましたね。)とか「フィッシャーキング」(ある事件で恋人を失って心を病んでしまう男(ロビン・ウイリアムズ)とその事件のきっかけを作ってしまった男(ジェフ・ブリッジス)の友情の物語。伊坂さんに言わせると「贅沢な恋愛映画」テリー・ギリアム監督)とかが紹介されてたり。
「魔王」を書いていた時のBGMはサンボマスターだったり。(「魔王」には政治的な意図は何もないそうです。)

伊坂さんが読んでいる本に共通のものはないんですが、映画はやたらかぶっていて、紹介された映画の中に観たことがないのがないのがちょっと残念です。
[PR]

by liddell423 | 2012-09-23 23:12 | books