るろうに剣心

f0089775_176990.jpg

監督:大友啓史
出演:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、田中偉登、奥田瑛二、江口洋介、香川照之

監督は「ハゲタカ」「龍馬伝」を撮った人。
剣心役は佐藤健。
ほかにも蒼井優、綾野剛、吉川晃司。
これは観に行かないと!

マサトは原作ファンなので「健くんは好きやけど、絶対いや!」
だそうですが、漫画をちらっと読んだくらいでキャラクターは覚えてないし、アニメは剣心の声優さんがキライで観なかったから、ぜんぜん違和感なく観れました。
っていうか、これは映画で、「かいじゅうたちのいるところ」のように、原作をこえた大友作品です。
原作より良いってことじゃなくて、キャラクターを活かしつつ実写で作ってる。
二次元だったものに、声とか音とか動きとか色とか・・・いろんなものが与えられてる。

「SP」のアクションが最高だったと思ってたけど、これはそれを上回る。
速い!
きれい!
カッコいい!
これは健くんの身体能力によるものだろうけど、オープニングのシーンから
「やばっ!カッコいい・・。」
と言いそうになったのを、人が多くて恥ずかしくて我慢しました。
でも、カッコいいアクションはオープニングだけじゃなく、何度も出てきます。
まさにアクション映画です。
それも上質です。
道場で雑魚をあっけなく叩きのめすシーンも無駄がなくてカッコいい。

サブキャラは。

刃衛=カラコンなんか入れちゃって、と思いましたが、オーラが半端ないです。怖いです。デカイです。そして、哀しそうなのがたまりません。
佐之助=でかくてさばさばしてるとこ、雰囲気あります。似てなくもない。残念なのは、須藤元気くんの方が強いよねってカンジだったとこ。やってる人とではパンチの切れが違う・・・。
斉藤一=元新撰組。ワタシのイメージは(斉藤一のね)もっと飄々としてるカンジだったけど、カッコいい人だったんだ。江口洋介、カッコいいです。
観柳=キモコワです。振り切れてます。蒼井優ちゃんによると、香川照之さんは周りの見え方にも気を配る方だそう。原作は痩せてる人なんですね。
外印=原作はきもいおじいちゃん。映画は綾野くんなので、たとえ顔半分がやけどでただれてても美しいです。そしてこの人も動きがきれい。見せ方が上手い。時代が急に変わっても人殺しはそれ以外にはなれない!って、哀しいカンジ出てます。
高荷恵=優ちゃん大好きなワタシでも、原作とは違うと思います。あくまで主人公は薫なので、控えめに存在してます。
薫=武井咲ちゃんキライなんですが、良かったです。似てないけど。可愛かった。そして声を振り絞るとこで泣いちゃいました。

邦画は劇場で観なくても良いやって思ってた人ですが、最近のは映像的に大きなスクリーンで観たいのが増えました。
そしてこの作品も、映像も音もアクションシーンも、絶対劇場で観た方が良いです。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-26 17:43 | movies