ジュリエットからの手紙

f0089775_17573370.jpg

監督:ゲーリー・ウィニック
出演:アマンダ・セイフライド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ

この手の恋愛映画は興味ないけど、アマンダ・セイフライドなので。

シェークスピアはイギリス人だけど、ロミオとジュリエットの舞台イタリアには、ちゃんとジュリエットの家があって、ジュリエットに宛てた手紙には、ちゃんと返事が返ってくる。
その役目を担っているのは「ジュリエットの秘書」を名のる女性たち。
前に佐藤健くんの番組で知ってたけど、この映画で取り上げられてたのかぁ。

ソフィは記者を目指すニューヨーカー。
婚約者が近々レストランをオープンするので、その準備も兼ねてふたりでイタリアへ出かける。
ところが、婚約者は店のことで頭がいっぱい。
ソフィはふとしたことで知り合った「ジュリエットの秘書」たちを手伝うことにする。
ソフィが見つけた壁の隙間の50年前の手紙。
返事を書くと本人がイギリスからやって来た。
50年前の恋人にもう一度逢う。
彼女と孫の旅にソフィも同行する。

ガエル・ガルシア・ベルナルには気の毒だけど、ソフィの新しい恋を応援してしまった。

50年後に再会して、そのときお互いひとりだったら、それは運命なのかもね。

意外に素敵な恋愛映画だった。
ベタだけど、それでもハッピーエンドが好き。

再会する恋人たちを演じるのは、バネッサ・レットグレイブとフランコ・ネロ(どうりで、カッコいいと思ったよ)。
このオスカー女優とマカロニウエスタン俳優は、実生活でもその昔出会い、子どもが生まれ、2006年に正式に結婚したんだって。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-22 18:31 | movies