ダークナイト ライジング

f0089775_8574968.jpg

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティアール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット

ハービー・デントの死から8年。
ゴッサムシティは「デント法」により悪人は逮捕され、平和な街へと変わっていた。
役目を終え「悪」の汚名を着たバットマンは現れず、ブルース・ウェインも心身ともに傷つき屋敷の中にこもっていた。
執事であるアルフレッドはそんな主人を心配しつつもバットマンにならないことに安堵していたが、セリーナ・カイル(キャット・ウーマン)との出会い、新たな敵ベインの登場でブルースは再びバットスーツを付け敵と戦うことを決意する。

後からいろいろ考えると、奈落の設定とか核兵器の取り扱いとか「?」の所もあるし、人数で押して行くだけの銃撃戦とかどうよと思うけど、見終わった後は圧倒されてちょっと放心状態だった。
凄かった。

バットポッドは前回見た時は、タイヤがやたら大きくて不細工と思ってたけど、今回はタイヤが回転して体勢を整えるとことか、キャット・ウーマンが乗ってるとコトかカッコ良かった。
f0089775_10272894.jpg

そして、バットマンのシリーズでは、めずらしくゲーリー・オールドマンが良い人なのが嬉しい。
「今回はベッドに寝られてゆっくり出来た。」
ってコメントしてたから怪我するのかなぁと思ってたけど、死ななくて良かった。
老体にむち打って頑張ってた。
f0089775_10304759.jpg

反対に良い人顔なのに「GIジョー」で悪役になってしまったジョセフ・ゴードン・レヴィットは、ここでは熱血警官に。
「ロビン」って名前も出てくるけど、続編ありなの?
ロビンだけでは物語にならないから、ないか。
f0089775_1034770.jpg


ストーリーや悪役キャラには迫力を感じなかったけど、音と映像と音楽は
「伝説が壮絶に終わる」
ってキャッチコピー通りだなと思った。
[PR]

by liddell423 | 2012-08-18 10:39 | movies