マネーボール

f0089775_21373458.jpg

監督:ベネット・ミラー
脚本:スティーブン・ザイリアン、アーロン・ソーキン
原作:マイケル・ルイス
出演:ブラット・ピット、ジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、クリス・プラット、スティーブン・ビショップ、ケリス・ドーシー

この映画は実在する大リーグのGMと、実在する理論に基づいて低予算のチームが資金の豊富なチームに勝っていく話。
野球の話だけど、たぶん野球を知らなくても、理論がわからなくても、思わず応援したくなる映画だと思う。


貧乏球団アスレチックスのGMビリー・ビーン。
かつては天才と謳われメジャーリーグに入団したものの活躍出来ず、トレードでたらい回しにされ、引退しスカウトになった経歴を持つ。
資金の無い球団。
しかし優勝したい。
ビリーはピーターをブレインに迎え、主観に頼らないデータ統計によるチーム作りを始める。
それはスター選手を起用せず、過小評価されていた選手にチャンスを与え、光を当てる。

冷静な判断力を追求するあまり、決してリアルタイムで試合を見ないビリー。
彼が行くと負けるというジンクスに怯え、20連勝をかけた大差の試合でさえ見に行けない。
娘の励ましに心動かされるものの、ひっそりと球場を去るビリーは切ない。

野球映画というよりは、「もうだめだ」と言われた男たちが、また夢を追う映画だと思う。
見ていて熱くなるし、応援したくなる。

ビリーの娘の歌声が素敵。
ラスト。
パパのための彼女の歌にはウルッときてしまった。
[PR]

by liddell423 | 2011-12-23 23:34 | movies