クレイジーハート

f0089775_16481075.jpg

監督スコット・クーパー
出演ジェフ・ブリッジス(Bad Blake)
マギー・ギレンホール(Jane Craddock)
ロバート・デュヴァル(Wayne)
ライアン・ビンガム(Tommy)
コリン・ファレル(Tommy Sweet)

ジェフ・ブリッジスにアカデミー主演男優賞をもたらした作品。
大きなとこには来なくて、昭和館に観に行った。

アカデミーはアル中のろくでなしが好きらしい。
ニコラス・ケイジも賞をいただいたのはそんな作品だったし。

ジェフが演じるバッド・ブレイクは落ち目のカントリーシンガー。
古い車にギターとアンプを積み込み、ひとりで国中を営業して回っている。
新曲を作ることも出来ず、昔のヒット曲を歌う。
酒浸りのため、それすら吐き気で途中で止めてしまう。
でも、まだ魅力的で、一夜の相手には不自由しない。
そんな彼が、ひとりの地方紙記者を愛したことで変わっていく。

役のために体重を増やした体で、リハーサルもまともにしない、曲の途中でいなくなる、ブリーフ一枚で吐きながらそのままトイレで眠る。
観ていて辛いくらい情けない姿だった。
それでも、酒を止めない。
医者に早死にすると脅されても止めない。
彼女に
「子どもの前では飲まないでね」と言われても止めない。
そして、ようやく止められた時は遅くて…。

ハッピーエンドにはならないけど、彼は立ち直れて彼女も幸せになるから、まあいいか。


ジェフは昔から色っぽい俳優さんだと思ってたけど、ほんとに格好良い。
酒を飲む姿も煙草を吸う仕種も、すごく似合う。
そして歌がまた良いのだ。
声も渋いしムードあるし。
コリン・ファレルも意外と巧かった。
そしてセクシー。(最近の彼はあまり好きじゃないんだけどね)

バッドの友人役でロバート・デュバルが出ていた。
酒浸りの彼を釣りに誘い、「酒を止めたい」と言えば療養所に入れてくれる。
ボートの上でのふたりの会話が好きだった。
[PR]

by liddell423 | 2011-01-16 16:31 | movies