風が強く吹いている

f0089775_002487.jpg

監督:大森寿美男
出演:小出恵介(清瀬灰二/ハイジ)
 林遣都(蔵原走/カケル)
 中村優一(柏崎茜/王子)
 川村陽介(平田彰宏/ニコチャン)
 橋本淳(杉山高志/神童)
   森廉、斉藤祥太、斉藤慶太、ダンテ・カーヴァー、水沢エレナ

小説を読んだ時の感想を見てみたら、映画には否定的だった。

読んでから時間が経ってたから、映画、良かった。
ハイジはハイジだったし、カケルの身体と走りはしっかり長距離ランナーだったし。
ユキや神童の役者さんも良かったなぁ。
葉菜子役の水沢エレナちゃんは、見たことあるなぁと思っていたらドラマ版「恋空」の子だった。


「風が強く吹いている」は、三浦しをんさん原作の、「箱根駅伝」を目指す大学生の物語。
ただ主役が、箱根の常連校ではなくて、素人の集まりの架空の大学チーム。
さらに、大会当日には故障者が出るという、お決まりのパターン。
それでも勝ってしまうのはやっぱりうそっぽい。
特に、残り1㎞地点でハイジが剥離骨折はうそだ〜。
(小説は違った。良かった。)

でも、ハイジの何かを始める時に、「パンパン!」と手を叩くとことか好きだった。

子どもたちと観ていて、先読みして泣いてたらばかにされた。
[PR]

by liddell423 | 2011-01-08 23:50 | movies