フォースカインド THE 4TH KIND

f0089775_0239100.jpg

監督・脚本 : オラトゥンデ・オスンサンミ
出演 : ミラ・ジョヴォヴィッチ 、 ウィル・パットン 、 イライアス・コーティーズ

怖い映画・・・ってことだけ知ってて鑑賞。
そうか、4th kindって「第4種接近遭遇」のことかぁ。

監督とアビゲイル・タイラー博士(実物)のインタビューのシーンから始まる。
実際の映像とそれを演じた映像とで物語は進んで行く。

心理学者のアビゲイルは、家に侵入してきた何者かによって夫を刺し殺される。
夫の死を直視出来ない彼女は、友人のカウンセリングを受けるが真実を見つめることが出来ない。
しかし、夫がしていた研究を続けることが自分の義務だと感じてる。
アラスカ州ノームでは、不眠に悩む人が同じ夢を見る経験をしていた。
催眠療法で忘れていた記憶を呼び覚ますと、彼らは何者かに遭遇する恐怖を訴えた。
そして、アビゲイル自身も、吹き込みながら眠ってしまったテープにより、彼らと遭遇していたことを知る。
テープの中で聴こえる聴いたことのない言語。
それは、紀元前に栄えたシュメール文明のものだった。
アビゲイルは宇宙人による拉致ではないかと考える。
ところが、催眠療法を受けた患者が無理心中を遂げたり、脊椎を損傷するなどの事件が起き、警察はアビゲイルの催眠が原因ではないかと考えるようになる。
真実を突き止めるため、自身が催眠療法を行うが、自分も傷つき最愛の娘も行方不明になってしまう。
夫の死の解明も出来ないとなじるアビゲイルに、保安官は、彼の死は拳銃による自殺だったことを再度告げるのだった。


実際の映像もノイズが入ったりして、でも、宇宙人なのか精神障害なのか、はっきり言ってないしはっきりしないとこが良いなと思った。
こういう映画なのにフィクション映像がやたらきれいなのも良いなぁ。
暗くて良くわからないのはどうも・・・。

と、思っていたら、この実際の映像も作られたものなの?
あの有名な(見てないけど)「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」みたいなもん?
そーなのかぁ。
単純だからすっかり信じていた・・・。

不評のようだけど結構楽しめたよ。
[PR]

by liddell423 | 2010-11-10 00:17 | movies