雷桜

f0089775_2226195.jpg
監督 : 廣木隆一
出演 : 岡田将生 、 蒼井優 、 小出恵介 、 柄本明 、 時任三郎 、 宮崎美子 、 和田聰宏 、 須藤理彩 、 若葉竜也 、 忍成修吾 、 村上淳 、 高良健吾 、 柄本佑 、 大杉漣 、 ベンガル 、 池畑慎之介 、 坂東三津五郎

やっぱり原作は、先に読むもんじゃない。


日本版「ロミオとジュリエット」
今どき女子にもしっくりくるように、涙を誘うように、わかりやすい物語に変えてある。
斉道の病気は、母親に拒まれたせいだし、愛を貫こうとする斉道を止めるための伏線も用意されているし。

水戸へ向かう斉道を引き止めに行くときの、雷の叫びは切ない。
優ちゃんは声も低くして、かっこいい。
岡田くんも凛々しくて良かった。
映像もきれいだし嫌いじゃないんだけどね。

柄本祐くんとか高良くんとか、最初にちょっと出るだけ。
豪華だ。

最後も原作に近くて好きかな。





原作が好きだった理由が、ラブストーリーを描くためにふたりの置かれている状況とか、藩のいがみ合いとか、周りがしっかり書かれていることだったので、映画はあまりにもラブストーリーでワタシが好きな感じじゃなかった。
榎戸さんも原作はもっともっと斉道のことを考えていて、最初と最後を締めるのは彼の役目だったのに。
斉道も、榎戸さんが死を賭して止めなきゃいけないほど、自分の立場がわかってないヤツじゃないと思うし。
山で育って、両親が里にいることなんか知らなかった雷が、里と山の間で苦悩するとこなんかも、映画では必要ないのかもしれないけれど。

雷桜と夕日を背に、山から下りてくるふたりを見て、榎戸さんが胸を打たれるとことか、雷の子供に「殿」と呼びかけずにはいられなかったとことか、観たかったなぁ。
[PR]

by liddell423 | 2010-10-31 23:15 | movies