シャガール展

f0089775_1613475.jpg

初、福岡市美術館です。
wakaに教えてもらった通り、交通センターからバスに乗りました。
美術館東口とかいうとこで降ろしてくれるんですが、周りは木がいっぱいで建物は見えず、バスで一緒だったふたりに付いて行きました。

シャガールは、ロシア生まれのユダヤ人なんですね。
影響を受けたであろう同時代の画家の作品といっしょに展示されてました。
でも、彼の夢見るような画風は独特です。
あのダークブルーの物悲しい絵は、最愛の奥さんを亡くした後の作品だったんだ。
知らないことがいっぱい…。
「日曜日」とか、明るい絵が好きかな。
思ったより作品が少なかったので、図録は買わずポストカードだけにして、その分、美術館で贅沢Lunchです。
常設展にウォーホルやバスキアがあったのがラッキーかな。

写真は、帰りにバス待ちした池。
違う道を選んだので、ちゃんと天神まで行けるか心配でした。
[PR]

by liddell423 | 2010-10-31 16:13 | art