ミラーズ

f0089775_926594.jpg
<監督>アレクサンドル・アジャ
<出演>キ−ファー・サザ−ランド、ポ−ラ・パットン

同僚を誤射で殺してしまい、職も失い傷心の刑事。
夜警として働き始めた場所は、火災で使えなくなったデパート。
鏡を多用した店内で、不可解なことが起こり始める。

悪魔落ちなんだけど、CGを使ったショッキングなシーンとキーファーのあわてぶりが怖い。
鏡や水に写った自分が、違う行動をとり始めるって、逃げ場がなくて怖い。
首を切り裂いたり、口をこじ開けたりするシーンは、昔なら映像不可能で途中で場面が変わってたのに、今はCGで何でもリアルに作ってしまえる。
そこが一番グロテスクで感心した。
さすがに最後まで見れなかったけど。

キーファーは居るだけでなんだか不安にさせるキャラクターだ。
見た映画がそんなのばっかりだから?
ハッピーエンドに見えたラストが、きちんとホラー映画の鉄則を守っているところは良かった。

R-15。
これは子どもに見せない方が良いと思う。
[PR]

by liddell423 | 2010-05-12 09:42 | movies