ソラニン/アジアン・カンフー・ジェネレーション

f0089775_23314744.jpg

今日から公開です。
まだ観に行ってはいません。
宮崎あおい、高良健吾出演なので、nayoちゃんを誘ってみたのですが、いっしょに行けるかなぁ。

初めはあんまり興味ありませんでした。
宮崎あおいの初弾き語りにも。
そしたらオープニングとエンディングがアジカンだっていうじゃないですか。
これは行かないと。
まあ、行く前に曲だけは聴いてしまったんですが…。

「ソラニン」はもともと漫画の中にあった歌詞で、ゴッチには珍しく人の詞に曲を付けてます。
詞が先行というのも初めてらしく。
でも、アジカンの曲でした。
さらに詞もゴッチっぽい。
エンディングのムスタングは、
「あれ?ムスタングって、ワタシ入れてるけど…?」
って思ったんですが、その曲でした。
ゴッチは原作ファンで、作品に触発されて作ったんだそうです。
運命の出会いです。
ムスタングは種田くんのギターの名前なんだって。
ワタシ、ずっと車だと思ってた。
どっちの曲も青くて、心地好いです。
アルバム製作中だそうで、待ち遠しい。




先日、本屋で「ダ・ヴィンチ」を立ち読みしていると、「ソラニン」の特集でした。
原作者の紹介と、「ソラニン」ファンの有名人によるコメントとか紹介されてて、ゴッチのコメントもありました。
そして、原作者の浅野いにおさんが「天才!」と評していたのが、RADWIMPSの野田洋二郎くんでした。
自分が思ってることを全て歌にしてしまえるのが、すごい!と。
ワタシもそう思います。
[PR]

by liddell423 | 2010-04-03 23:31 | music