アバター AVATAR

f0089775_18332816.jpg
監督・脚本 ジェームズ・キャメロン
出演 サム・ワシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ

地球のとある企業は、地下の鉱物を発掘するため、惑星パンドラへ来ている。
星の住人ナヴィと交流し、話し合おうとする科学者たちと、力ずくで彼らを移動させようとする軍部。
元海兵隊のジェイクは、亡くなった双子の兄の代わりに、アバターとリンクすることになる。
自由に動ける体を得、ナヴィのネイティリを通してパンドラと深く関わるうち、軍に背きナヴィとして彼らと戦うことになる。
しかし、機械と生身のナヴィが互角に戦えるはずもなく、仲間は次々と殺されていく。
そして、最後にパンドラを守ったのは、自然と動物たちだった。
ジェイクは、ナヴィの身体に魂を移してもらい、めでたし、めでたし。

f0089775_18325462.jpg・・・めでたしが、できすぎといえばそうだけど、ハッピーエンドはうれしい。
森を破壊する軍隊は、ベトナムやイラクでのアメリカ軍のようだし、インディアンを追い払った騎兵隊の様でもあって、腹立たしい。
またやってる、という感じ。
シガニー・ウィーバーが出てるのは知ってたけど、彼女のナヴィ版や味方についてくれるヘリのパイロットのトゥルーディが、ミシェル・ロドリゲスだったのがうれしい。
ミシェルはいつも、男前な女性役だ。
ジョヴァンニ・リビシは会社側のやなヤツなんだけど、どうにもお人好し顔で悪者っぽくない。かわいい。
3Dの迫力はすごい!!
ものがすぐ近くに見える。
飛んでくる矢は避けたくなるし、揺れる葉っぱとか触れそう。
飛行シーンなんて最高!
翼竜に乗って飛ぶんだよー。いいなぁー。
字幕が飛び出して見えるのもおもしろかった。
ナヴィの髪と動物や植物の触手をつないで、「絆」を結ぶことが出来るって発想は良いなぁ。
死を大切に扱い、得物となった動物に感謝する。
彼らの神は、マナとかそういうのに近い気がする。

「ナウシカ」の世界をリアルにした感じ?
[PR]

by liddell423 | 2010-02-19 18:35 | movies