ニライカナイからの手紙

監督・脚本:熊澤尚人
出演:蒼井優、平良進、南果歩、金井勇太

「ニライカナイ」の意味を、知ってるのと知らないのでは、見方が違うと思う。
監督と主演が好きだからという理由で、予備知識なしで見て良かった。
なんか、得した気分。
そして、好きな監督のはハズレない。

父を亡くした風季は竹富島の祖父に預けられる。
母は、単身、東京に働きに行ってしまう。
誕生日に毎年届く手紙。
その手紙だけを支えに日々を送る。
高校を卒業して、写真の勉強のために東京に出る。
「二十歳になったらすべて説明する」
その言葉を信じて、辛い日々を耐え、母に見せる写真を撮り続ける。

優ちゃんがすごくかわいい。
風季が撮る写真もすごく好きだった。
あーいうの撮りたいなぁ。

こないだ「カムイ」でひどい役だった金井くんが、素朴でいいヤツだった。


この映画は、優ちゃんの初単独主演になるのだそうだ。
熊澤監督は「虹の女神」「親指さがし」「おとなり」と、少し哀しくて、やわらかい空気を映し出している人。
男性の監督には珍しく、女の子がかわいい。

癒される映画。
[PR]

by liddell423 | 2009-11-05 08:40 | movies