ロード・オブ・ドッグタウン

f0089775_6271456.jpg

監督 : キャサリン・ハードウィック
脚本 : ステイシー・ペラルタ
出演 : エミール・ハーシュ 、 ジョン・ロビンソン 、 ヴィクター・ラサック、ヒース・レジャー 、 レベッカ・デモーネイ

70年代、サーフィンとスケートボードさえ出来れば良かった不良少年たちの、栄光と挫折の物語。
元スケボーチーム「Z-BOYS」のステイシー・ベラルタが脚本を担当し、トニー・アルヴァとジェイ・アダムスが役作りに協力した。
ステイシー役は「エレファント」のジョン・ロビンソン、ジェイ役は「卒業の朝」のエミール・ハーシュ、トニー役のヴィクター・ラサックもインディペンデント映画に多数出演しているらしい。
本人たちもちょこっとカメオ出演している。

音楽が贅沢なのと、出演者のスケーティングがなかなかカッコイイ。
ダメージジーンズにハットをかぶったトニーは、今でも通用するカッコ良さ。
彼らを売り出し、同時に彼らの父親の様でもあったスッキプ役でヒース・レジャーが出演している。

監督は「トワイライト~初恋」を撮った人。
なので、映像もきれい。
[PR]

by liddell423 | 2009-10-20 06:59 | movies