チェンジリング

f0089775_20361869.jpg
監督・製作・音楽 : クリント・イーストウッド
出演 : アンジェリーナ・ジョリー 、 ジョン・マルコヴィッチ 、 ジェフリー・ドノヴァン 、 コルム・フィオール 、 ジェイソン・バトラー・ハーナー

1928年、ロサンゼルスの郊外で9歳の息子と暮らすクリスティン。
ある日、休日出勤から戻ると、息子のウォルターがいなくなっていた。
そして5ヶ月後、警察がウォルターだと言って引き合わせたのは別の少年だった。
「別人だ」と主張するクリスティンに、警察はあらゆる手を使って息子だと認めさせようとする。
クリスティンは教会の力を借りて、警察権力と闘う。

アンジーがしっかりお母さんに見える。
やっぱり好きだなぁ、彼女は。

「ture story」となっているので、昔の警察って(今も?)こんなにいい加減なことしてたのね。
自分の子どもがわからない母親っている?
生まれたばかりとか、何十年も会ってないとかならわかるけど・・・。
警察にたてつくと精神病院に入れられちゃうのも怖いね。





クリスティンの主張は意外なことで認められる。
連続殺人犯に手伝いを強要されていた少年が、殺した少年の中にウォルターがいたことを告白したのだ。
自分の言い分が認められる。
でも、それは息子が死んでいるということ。
それでも、
「遺体は見つかっていないから。」
とウォルターを探し続けるクリスティン。
そして今度は、殺されたはずの少年の一人が生きて見つかる。
希望を持ち続けられることは幸せなんだろうか。
死が確定して、新しく人生をやり直すことが幸せなんだろうか。
ワタシには残酷なことに思えた。

そして、クリスティンは生涯ウォルターを探し続けるのだ。
[PR]

by liddell423 | 2009-10-14 21:03 | movies