salyu/MERKMAL

f0089775_8185958.jpg

「リリィ・シュシュのすべて」を観たときから気になってた人でした。
先日、「目覚まし~」で紹介されてて、その前にも雑誌に伊藤あゆみさんとの対談が載ってて、聴かなくちゃ!と。

女性ボーカリストは好きです。
でも、coccoだったりUAだったりアニー・レノックスだったり、みんなが聴く人じゃなくて。
salyuも良かったです。
どこがツボなんでしょ。
音のとり方とかでしょうか。
上手いのはもちろんなんですけど。
「声」かなぁ。

このアルバムはベストなので、それぞれの曲の完成度も高いんでしょうか。
どの曲も良いなぁと思いました。
中でも「飽和」と「グライド」が好き、と思ったら「リリィ~」の曲でした。
「VALON-1」とか「to U」も好き。

以下、wikiからお借りしました。

プラットホーム
2006年発表の8枚目のシングル曲。本作発売時点で、シングル作品としては最大の売上を記録している。
彗星
2005年発表の4枚目のシングル曲。
Tower
2006年発表の6枚目のシングル曲。作詞に初めて一青窈を迎えて制作された。
VALON-1
2004年発表のソロデビューシングル曲。
name
2006年発表の7枚目のシングル曲。
飽和
Lily Chou-Chouとして2000年に発表したデビューシングル「グライド」のカップリング収録曲。Salyu名義では初の音源化となる。
landmark
2005年発表の1枚目のアルバム『landmark』収録曲。
夜の海 遠い出会いに
2006年発表の8枚目のシングル「プラットホーム」のカップリング収録曲。
Dramatic Irony
2005年発表の1枚目のアルバム『landmark』収録曲。自身初のCMソングとして起用された。
I BELIEVE
2007年発表の2枚目のアルバム『TERMINAL』収録曲。自身が単独で作詞を手掛けた。
風に乗る船
2005年発表の5枚目のシングル曲。
トビラ
2007年発表の2枚目のアルバム『TERMINAL』収録曲。
to U (Salyu verion)
Bank Band with Salyuとして2006年に発表した楽曲「to U」の単独歌唱バージョンで、2007年発表の2枚目のアルバム『TERMINAL』収録曲。曲名表記はアルバム『TERMINAL』と異なるが音源自体は同一のものである。
グライド
Lily Chou-Chouとして2000年に発表したデビューシングル。「飽和」同様、Salyu名義では初の音源化となる。
[PR]

by liddell423 | 2009-04-07 08:18 | music