その男は、静かな隣人

冴えない男は、いつか同僚を撃ち殺してやろうと、銃に弾を込めるもののいつも引き金を引けずにいた。
ある日、今日こそはと思う彼の目の前で、他の同僚が銃を乱射する。
憧れていた女性にとどめをさそうとするのを見て、思わず彼を撃ち殺す。
英雄になり生活が変わり、半身不髄になった憧れの女性の恋人になり・・・。

でも、そういう妄想を抱くってことは、その時点で病気なんだよ・・・っていうお話?

「ロビン・フッド」や「薔薇の名前」で美少年だったクリスチャン・スレイターも、こんな太ったバゲの役をやるようになったのかぁ。
それがとってもショック。
まあ、予想はしてたけど。

とってもB級映画でした。
[PR]

by liddell423 | 2009-04-06 00:32 | movies